おしゃぶり!歯並びが悪くならない

シェアする

おしゃぶり1

今回はおしゃぶりの紹介です。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

そもそもおしゃぶりは必要!?

おしゃぶりなんて必要ない!という意見の中には、「ママがラクしたいからという理由で使うだけ。ベビーがかわいそう」などというものもあります。

そのため、私も最初はおしゃぶりは必要ないと思っていました。

おしゃぶりに興味を持ったきっかけは、うちのベビーが生後4ヶ月のときに指しゃぶりを始めたことでした。

指で下の歯茎を強く引っ張っているのを見た先輩ママに「気をつけないと受け口になるよ!」と教えてもらったのです。

それはマズイ!と思った私は、やっぱりおしゃぶりは必要なんじゃないかと思ったのです。

出っ歯になりにくいおしゃぶり

さらに色々調べていく中で、おしゃぶりも出っ歯になる可能性があるという意見がありました。

正直、どうすればいいの・・と悩んでいました。

しかし!ここで諦めずにもう少し調べていると、出っ歯になりにくいおしゃぶり、チュチュベビー デンティスターに出会ったんです!

チュチュベビー ミッフィー デンティスター1
チュチュベビー デンティスター2

これは、ドイツの歯科医によって開発されたもので、普通のおしゃぶりと違い、くわえる部分が薄く舌のような構造になっているので、歯とあごへの圧力が最小限に抑えられるとのことです!

おしゃぶり2

おしゃぶり3

おしゃぶりをすると出っ歯になる」というのは、口の中に圧力がかかることが原因なので、その圧力を抑えれば大丈夫なんですね。

ということで、早速購入しました!

おしゃぶり1

実際に使ってみると、気に入ったようで全然嫌がりません。

しかも、ベビーが落ち着くので寝かしつけで大泣きする際にも助かってますし、手がよだれでべとべとになるのも避けられるので清潔です。これは嬉しいおまけ効果でした!

おしゃぶりは使いすぎには注意ですが、2歳頃までにやめれば歯並びが悪くなる心配はないようですよ!

生後0~6ヶ月には「デンティスター1」を、生後6ヶ月~1歳は「デンティスター2」を選んでくださいね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする