おとがいっぱい!プラレール博士!

シェアする

プラレール博士 (2)     

年末年始に実家に帰って、クリスマス兼お年玉として、おもちゃや本をいただきました。

その中で、うちの子がかなりはまったおもちゃがあるので紹介します。

おとがいっぱい!プラレール博士 (おととあそぼうシリーズ)です。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

どうやって遊ぶの?

これは音の出る絵本で、人気のプラレールの車両50種を掲載していて、それぞれの名前を声で覚えられます。

プラレール博士 (3)

プラレール博士 (4)

車両一覧の写真は小さめですが、見開きの上の部分は、カバーを開けると横にページが開いて、詳しい説明が載っています。

プラレール博士 (7)

それぞれの車両の大きな写真と説明が載っていたり、新幹線路線地図が載っていたりします。

プラレール博士 (6)

プラレール博士 (1)

「車両の名前」ボタン以外にも、「新幹線の走る音」や「踏切の音」などの効果音ボタンもあります。

プラレール博士 (5)

うちの子のお気に入りは、「クイズ」と「プラレールけんてい」です。名前クイズとお仕事クイズがあって、「N700A新幹線はどれかな?」や「どうぶつの絵が書いてある特急電車はどれかな?」といったクイズが出されます。

うちの子はまだ2歳になったばっかりですが、もらった日から毎日遊んでいると名前クイズの方は半分くらい正解できるようになりました。

プラレール博士 (8)

お仕事クイズも「どうぶつ」「とっきゅう」などの自分の分かる言葉を頼りに、何とか答えようとしています^^

電車好きにはおすすめ!おとがいっぱい!プラレール博士

このおもちゃはかなりマニアックだと思います(^^;でも、内容が濃いので電車好きの子供なら飽きずに楽しめます♪

ボタンを押す絵は小さめだし、50種類もあるからなかなか全部は覚えられなさそうですが、うちの子は毎日熱中して遊んでいますよ^^

ボリュームの調整もできて新幹線の中やごはんを食べに行った時にも使えたので、外出しても子どもがぐずらずに快適に過ごせました。

幼稚園に行ったら、電車やクルマを卒業して、戦隊ものにはまる子が増えるらしいので、このおもちゃで遊ぶなら2歳頃~がおすすめですよ。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする