バウンサー!カトージとベビービョルンを比較

シェアする

バウンサー (4)

今回はバウンサーを紹介します。

うちはバウンサーを2種類使いました。

カトージのバウンサー ベビービョルンのバウンサーです。

カトージのものは、義理のお姉さんからお借りしたもので、その後お姉さんのところにもお子さんが生まれたのでお返しして、ベビービョルンのものを新たに買いました。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

バウンサーはどうやって使うもの?

生後1ヶ月くらいから使用していたのですが、うちでは、日中寝かせておくところとして使っていました。

バウンサー(5)

家事をしたい時に、バウンサーの横にメリーを置いたりして使っていました。

バウンサーは自分で揺らせるので、心地よいみたいでそのまま寝てくれることもありました。

お風呂に入るときは、私とベビーを同時に洗う時にどうしてもベビーに待っていてもらう時間がありますが、床にタオルをひくだけでは不安なので、バウンサーが便利でした。

バウンサーはベルトが付いているので、家事などで少し目を離したい時などは安心です。

日中のベビーの居場所としては、バウンサーはとても便利です!

カトージ vs ベビービョルン!どう違う?

  カトージ ベビービョルン
重量 4.5kg 2.1kg
シート素材 ポリエステル 綿
シートお手入れ 手洗い 洗濯機

ベビービョルンの方が軽いので、持ち運びやすいです。

あと、付属のおもちゃがどちらにもあるのですが、付けたり外したりがカトージのものはとってもやりにくいのですが、ベビービョルンの方はバウンサーのサイドにはさむだけなのですぐできます。

バウンサー (2)

お風呂の時は、おもちゃで遊ばせて待っていてもらうと機嫌が良かったのですが、降ろすときはおもちゃがあると邪魔なので外します。なので、お風呂ではベビービョルンの方が使い勝手が良かったです。

それから、シートの素材も違います。

カトージはポリエステルで手洗いしないといけないので、上にタオルなどを敷いて使っていました。タオルがあるとベルトが止めにくいのが気になりました。

ベビービョルンは綿なので、そのまま寝かせても寝心地が良いみたいで、そのまま使って汚れたら洗濯機で洗っていました。

シートはベビービョルンの方が良いと思います。

ベビービョルンの方がおすすめ!

カトージのものより、ベビービョルンのバウンサーの方が、軽くて使い勝手も良いのでおすすめです。

シートは3段階で調整できて、子どもを乗せたままでも簡単にできます。

バウンサー (1)

ベビービョルンは、人間工学に基づいてデザインされていて、50年以上も前にスウェーデンで作られたロングセラー商品だそうです。その間、小児科医に意見を聞いたりして、さらに使いやすいように微調整されてきているそうです。

リッチェルのバウンサーも同じような形で価格はより安いのですが、座り心地や使い勝手に差があるようでした。

バウンサーはほんとによく使うものなので、少し高くても良いものを買う方がベビーにもママにも良いと思います。

うちの子はもうすぐ2歳ですが、今はトランポリンのようにビョンビョンして遊んでいます。

バウンサー (3)

まだ片付けずに出しているので、バウンサーはけっこう長く使えますよ。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする