乗り物好きならこの一冊!特殊車両が大活躍

シェアする

絵本

今日は、乗り物好きのお子さんにおすすめの絵本とどくかな (はたらくくるま)のご紹介です。

うちの子は、新幹線や特急が大好きで、もちろんプラレールも持っていますし、電車のDVDも毎日のように観ています。ほかにも、消防車やパトカー、ブルドーザーなども大好きで、写真がたくさん載っている本も色々持っています。

そんなうちの子もよく読んでいる絵本「とどくかな」をレビューしてみたいと思います!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

「とどくかな」ってどんな絵本?

少し小さめの絵本で、うちの子と同じ2歳くらいのお子さんが自分で持って読むにはちょうどよい大きさだと思います。絵はソフトなタッチで描かれていて、かわいらしい印象の絵本ですよ。

お話はというと、色んな特殊車両がでてきて、それぞれに「とどくかな」をします。

例えば、建設現場のシーンではクレーン車がでてきて、「クレーンしゃが てっこつを つりあげます さぎょうばまで とどくかな」と言いながら、鉄骨を上のほうまでクレーンでつり上げるんです。

つり上げようとしているところでページが切り替わって、次のページをめくったところで「とどいた!」となるので、子どもはページをめくる間にわくわくしています。

ほかにも、フォークリフトや消防車、コンクリートミキサー車などがでてきて、それぞれ違った動きをするので面白いです。コンクリートミキサー車は、高いところにコンクリートを運ぶとき別の特殊車両と連結するんですね。私も初めて知りました。

どんな子どもにおすすめ?

やはりおすすめなのは、乗り物好きのお子さんですね。「はたらくくるま」というサブタイトルもついているので、特殊車両好きのお子さんにはウケると思います。

また、うちもそうなんですが、写真の入った乗り物の本は結構持っているけど、乗り物の絵本はあまり持ってないな、という方にもおすすめです。

絵本だと話の展開があるので、写真とは違った楽しみ方ができますよ。

ちなみに、この本もシリーズ化されていて、「まかせとけ」、「よいしょ」とのはたらくくるま 3冊入りセットもあるので、ギフトにおすすめですよ!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする