井の頭自然文化園に行ってきた!吉祥寺の動物園

シェアする

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/directions.html

吉祥寺駅の近くにある井の頭自然文化園に行ってきました!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

井の頭自然文化園ってどんなところ?

共通チケットの入場料

ここには、動物園水生物園があって、小さい子供も十分楽しめます。

入場料は動物園と水生物園の共通チケットが大人400円です。年間パスポートが1600円なので、年に4回以上行くならパスポートを買うといいですね。私は子供を連れてよく行きます。子供は小学6年生まで無料です。

井の頭自然文化園  (2)

子連れにやさしい休憩スポット

園に入ってすぐのところに、緑に囲まれた屋外カフェスペースがあるので、ここでいつもお弁当を食べたり、おやつを食べたりしています。

井の頭自然文化園  (1)

ここは井の頭公園に隣接しているためか、園内は木々で囲まれているので歩いているだけでも気持ち良いです。

動物園にはどんな動物がいるの?

動物園のメインはゾウのはな子です。ゾウ以外にはあまり大きな動物はいないのですが、まだ2歳にも満たないうちの子はどの動物を見ても楽しいらしく、毎回興奮しています!

キツネ、タヌキ、ヤギ、ペンギンなどもいて、どれも絵本や童謡などによく出てくる動物なので名前を何度も呼んで楽しんでいます。

他にも、フクロウやアライグマ、カピバラなどもいますよ。

井の頭自然文化園  (3)

うちの子のお気に入りスポット

うちの子は、「ゾウのはな子」と「新幹線ひろば」と「りすの小径(こみち)」がお気に入りです。

「新幹線ひろば」には幼児が喜びそうな乗り物がたくさんあって、1回50~100円で乗ることができます。

井の頭自然文化園  (6)

リスの小径(こみち)では、大きなゲージの中でリスが放し飼いされていて、その中に入ることができます。

井の頭自然文化園  (9) 井の頭自然文化園  (5)

ゲージの中の道を歩いていると、リスが足元を横切るので、間近で見ることができます。うちの子は、「りしゅ!りしゅ!」と大興奮でした。

井の頭自然文化園  (7) 井の頭自然文化園  (8)

水生物園とその他のスポット

水生物園では、とても大きなカミツキガメや、世界一小さいアヒルなどが見られますし、実際に魚に触れられるコーナーもあります。そのほか、ブランコやすべり台、アスレチックなどの遊具がたくさん置いてある公園もあって、一日中楽しめました

小さい子連れにおすすめ!井の頭自然文化園

ライオンやキリンなどの大型動物がいる動物園ではないので、大きなお子さんには物足りないかも知れませんが、モルモットとのふれあいコーナーがあったりもするので、幼稚園くらいまでの小さなお子さんにはとてもいいと思います。

休憩スペースもきちんと用意されているので、過ごしやすいですよ!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする