食事用エプロン!食べこぼしをしっかりキャッチ

シェアする

今回は食事用エプロンの紹介です。

私は、出産祝いに食事用エプロンをたくさん頂きました。

とりあえず全部使ってみたのですが、食べこぼしの受けやすさ、汚れの取れやすさ、持ち運びのしやすさ、食事の邪魔にならないかに違いがあって、使いやすいものとそうでないものがありました!

食事用エプロン (1) 食事用エプロン (2)
食事用エプロン (4) 食事用エプロン (3)

うちで実際に使った4種類のエプロンについて、使いやすさを比較してみました。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

食べこぼしの受けやすさ

離乳食が始まってから1年以上たちますが、いまだにごはんやスープなど色々こぼします。

すごく汚くなることもあります。

なので、食べこぼしをキャッチするポケットがとても役立っています。

さらに、受けが広いタイプの方がきちんとキャッチできて使いやすいです。

食事用エプロン (5) 食事用エプロン (6)

汚れの取れやすさ

食事用のエプロンは色々な素材のものがあります。

堅い素材のポリエチレンのスタイは、水で流せばほぼ汚れが落ちました。

柔らかい薄い素材のものでは、洗濯できるものじゃないと汚れが落ちにくいことが分かりました。

ポリエステル100%のものは洗濯してもすぐに落ちましたが、以前もらった綿100%にポリオレフィン加工のものは汚れを拭くだけでは全部取りきれなくてだんだん汚くなってきたので捨ててしまいました。

持ち運びのしやすさ

堅い素材のものや分厚い素材のものは、かさばるので外出時には不便です。

食事用エプロン (4)

それに比べて、薄い素材の柔らかいエプロンはたたんで持ち運べるのでスペースもあまり取りません。

食事の邪魔にならないか

うちでは、堅い素材のポリエチレンのものはお皿に手を伸ばすときに邪魔になるらしく、エプロンをするのを嫌がりました。

やっぱり薄くて柔らかいものの方がいいみたいです。

まとめ

うちで毎日使っているのはポリエステル100%のはらぺこあおむしのエプロンです。

食事用エプロン (1)

これはポケットを折り返して使うので、食べこぼしをキャッチしやすいですし、裏面に防水加工がしてあるのでお茶やジュースがこぼれても漏れにくく安心ですよ!

他にも同じ素材と形で色んな柄のものがあるみたいなので良かったらチェックしてみてください。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする