2台目ベビーカー!軽量コンパクトなベビーカー

シェアする

B型ベビーカー (1)

今回は、2台目ベビーカーのご紹介です。

ベビーカーは、どのような用途にも使えるオールマイティーな1台を選びたいとお考えのママさんたちも多いと思います。でも、できれば用途に応じて使い分けた方が、ストレスなく快適にお出かけできます。

快適なのは分かっていても、2台目を買うというのはもちろんお金もかかりますし、置き場所も必要になりますね。

ここでは、それらの問題点もすべて考えた上で、2台目ベビーカーの選び方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

迷った末、2台目ベビーカーを買うことに

私の場合、1台目としてエアバギーココブレーキを使っていましたが、電車内で邪魔になったり、乗り換えの時に階段しかなかったりと大きく重いエアバギーで出掛けるのは大変でした。

それでも、普段は近所に出掛けるだけだし、軽いベビーカーを使用するのはせいぜい月に1~2回だと思うとなかなか2台目を買う気になれず、遠出するときは抱っこ紐で出かけていました。

でも、だんだん子供が重くなってきて、長時間抱っこしていると腰や背中が痛くなるようになりました。そこで、子供が1歳半になった頃に2台目ベビーカーを買うことにしたんです。

人気のB型ベビーカーを比較

2台目は、手軽さ重視のB型ベビーカーを買うことにして、人気のある3つのB型ベビーカーを比べてみることにしました。

ジープスポーツスタンダード
アップリカ マジカルエアー
グッドベビーポキット

  ジープスポーツスタンダード アップリカ マジカルエアー グッドベビー ポキット
走行性
重さ 5 kg 2.9 kg 4.8 kg
たたみやすさ
参考価格 約10,000円 約25,000円 約20,000円

結論から言うと、私はジープ スポーツ スタンダードを選びました。具体的にそれぞれの項目について比較してみたいと思います。

走行性

私の場合、1台目に持っていたエアバギーココブレーキは、走行性の非常に良いベビーカーです。こちらの記事でも紹介していますが、1台目を選ぶときに私が重視したのは、子どもが快適に乗れることでした。

ベビーカー!ベビーが快適なベビーカー
今回は、ベビーグッズの花形、ベビーカーについて紹介します! ベビーカーは価格も高い上に、頻繁に利用するものなのでとっても悩みますよね。 私もかなり時間をかけて、納得できるも...

そのため、2台目ベビーカーも、軽さやたたみやすさを重視しながらも、できるだけ子どもが快適に乗れる走行性の良いものを選びたいと思ったんです。

このジープスポーツスタンダードは、B型ベビーカーの中では最もタイヤが大きいものの1つですし、前輪には3Dソフトサスペンションという機能があるため、車道から歩道に上がる時などの段差でも振動を吸収して快適に走行できるようになっています。

それに対して、マジカルエアーやポキットは車輪も比較的小さく、走行中の振動も感じました。

重さ

3つの中で最も軽さを重視したモデルは、マジカルエアーです。2.9kgというのは、持ってみるとかなり軽く感じます。これなら、駅の階段でかついで上るのも苦になりません。

ジープスポーツスタンダードとポキットはどちらも5kgほどありますので、軽さを追求した機種ではありませんね。

ただし、軽さ重視のベビーカーというのは、持ち上げるのは確かに楽なんですが、車体に軽量化素材を用いているため、走行時にガタガタすることもあります。個人的には、ある程度の重さがある機種の方が車体が頑丈できしむことも少なく、走行性もよいと思います。

たたみやすさと収納サイズ

ジープスポーツスタンダードは、片手でたたむことはできないのですが、たたんだ後はA4サイズで自立するのでコンパクトに収納できます。うちの場合はすでに1台目を玄関に置いてあるので、コンパクトに収納できるというのは絶対条件でした。

B型ベビーカー (2)

アップリカ マジカルエアーは、片手でたたむことができるというのが一番のウリです。たたんだ時に必要なスペースは、44.5×31.5cmですので、A4より少し大きなサイズになります。

ポキットは、たたみやすさよりも最小サイズがウリの機種です。普通にたたんだときはA4サイズですし、持ち運び用に最小サイズに折りたたむと33×18×38cmにまで小さくなります。日本国内では最も小スペースに収納できるベビーカーです。専用バッグも付いていますし、飛行機の中にも持ち込めるので、旅行で使いたい人にはいいかも知れませんね。

参考価格

価格も大事なポイントです。すでに1台目があるので、あまり高額なものは買えないですね。そういう意味では、ジープスポーツスタンダードは約10,000円と、買いやすい価格になっています。

その他の2機種は、どちらも約20,000円以上となっています。

使い方別!おすすめの2台目ベビーカー

私が探していたのは、走行性がよく、電車内で邪魔にならず、駅で階段を使うのも苦にならず、玄関でもコンパクトに収納できるもの。

私の場合は、ジープ スポーツ スタンダードにして、すべての希望が叶いました。ちょっと気になっていた重さについても、肩に掛けてかつぐためのストラップが付いているので、階段を上ってもそれほど重くは感じなかったので安心しました。

B型ベビーカー (3)

今回ご紹介した3つのB型ベビーカーは、どれもママたちからの人気が高い機種ですので、とにかく軽い2台目が欲しい方はマジカルエアー、旅行などにもコンパクトに持って行きたい方はポキットを選ぶというのも、よい選択だと思いますよ!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする