AIGLEのレインブーツ!耐久性が高く、柔らかくて履き心地が良いので雨の日でも安心

シェアする

レインブーツ(3)

もうすぐ梅雨で雨が多くなりますね。

雨の日でも、お出かけしないといけない日は多いですが、子連れで雨の日にお出かけするにはそれなりに準備が必要です!

今回は雨の日に役立つレインブーツを紹介します。

私は普段よく自転車で移動するので、子連れの自転車のときにも、歩きのときにも使いやすいレインブーツを探しました!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

レインブーツを選ぶ2つのポイント

ロングとショート

ひざくらいまであるロングタイプは濡れにくいですが、場所を取るし脱ぎ履きしにくいというマイナスポイントがあります。

ショートタイプは手軽に使えますが、大雨だと足がけっこう濡れます。

使う程度によって決めるのが一番良いと思いますが、私は雨の日にレインコート&レインブーツだけで自転車に乗りたかったのでロングタイプにしました^^

ジッパーありとジッパーなし

ロングタイプだとジッパーがある方が脱ぎ履きはしやすいです。

でもその分ジッパー部分から雨が染み込む可能性もあります。

強い雨でも出かけるときはあるので、私はジッパーなしタイプで天然ゴムのレインブーツにすることにしました!

天然ゴムは非常に柔らかくて伸びの良い素材なので、ジッパーなしのロングブーツでもスムーズに脱ぎ履きできますよ^^

おすすめはこれ!AIGLEのレインブーツ

私が買ったのはAIGLEのシャンタベルというレインブーツです。

AIGLEはレインブーツでは有名なブランドですが、同じく有名なHUNTERと迷いました。

実際にどちらも試着してみたのですが、AIGLEの方が柔らかくて脱ぎ履きがしやすかったですよ。

歩くときはこんな風にしなります^^

レインブーツ(8)

HUNTERは脱ぐときにけっこう手こずりました。

あと、私はデザインもAIGLEの方が好きだったので、AIGLEに決めました^^

赤いラインとバックル部分がかわいいです

レインブーツ(7)

ハンドメイドで作られている!

AIGLEは160年以上もハンドメイドレインブーツを作っているフランスの老舗メーカーです。

製造箇所は1箇所で、頑丈で快適性と耐久性に優れたブーツをフランスで約200人の職人さんが作っているそうです!

私が買ったレインブーツも靴底や

レインブーツ(5)

本体部分と靴底の接合部分がしっかり作られています!

レインブーツ(6)

天然ゴムを使用

レインブーツには天然ゴム以外に、合成ゴムや合成皮革などの素材のものがあります。

天然ゴムは他の素材よりも優れた点がたくさんあります!

  • より高い強度と耐久性。その分子構造により、摩耗、引き裂き、亀裂に対する高い耐性があります。
  • より高い快適性と衝撃吸収性。
  • より高い柔軟性。超低温環境でも弾力性を保ちます。

下記の公式ホームページにより詳しくのっています^^

雨の中使うものなので、劣化しにくいなど品質の良さはうれしいポイントです^^

できるだけ長く使いたいので、信頼できるAIGLEを選びました!

自転車用におすすめ!AIGLEのシャンタベル

AIGLEにはいろんなタイプのレインブーツがあります。

レインブーツ(1)

シャンタベルにしたのは、ロングタイプなのと筒幅が適度にあいているからです。

私は158cmですが、長さはちょうどひざ下あたりまでで、パンツ(ボトムス)をブーツインして履くにはぴったりでした^^

レインブーツ(4)

筒幅があきすぎていると雨が入ってくるし、小さいと脱ぎ履きしにくいですが、ちょうど良い大きさでした!

以前紹介したレインコートと一緒に使えば、雨の日に自転車に乗っても濡れないですよ

もうすぐ梅雨の季節です。雨になると子どもを外に連れ出しにくいので、子育て中のママにとっては憂鬱な季節ですね^^;そんな、梅雨の時期にぴったりな自転車用のレインコートを紹介します。私...

AIGLEのシャンタベルは強い雨でも役立つおすすめのレインブーツです。

AIGLEの公式ホームページでは、6/24(金)までレインブーツ、レインアイテムの10%オフセールをしています!

気になる方はチェックしてみてください^^

 公式ホームページはこちら!

AIGLEのブーツはAmazonや楽天でも購入できます。

並行輸入品ですが、安く買えますよ^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする