赤ちゃん、子どもに歯磨き粉はいつから?初めて使うなら食品レベルで安全な歯磨き粉

シェアする

子ども用歯磨き粉 (3)

今回は赤ちゃん、子ども用におすすめの歯磨き粉を紹介します。

赤ちゃんは生後6ヶ月ごろから歯が生え始めて、3歳ごろには20本の乳歯すべてが生えそろいます。

歯が生え始めると虫歯にならないように毎日ケアしてあげないといけません。

うちの2歳児は、最近歯磨きをするときに歯磨き粉を使い始めました。

初めて歯磨き粉を使うときにおすすめの、食品レベルで安全な歯磨き粉なので詳しく紹介しますね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

歯磨き粉はいつから必要なの!?

「うがい」ができるようになったら

そもそも赤ちゃんは口の中に虫歯菌がない状態で生まれてくるので、パパやママから虫歯菌をもらわなければ虫歯にはなりません。

でも、フーフーして冷ましてあげるだけでも虫歯菌はうつりますし、1歳ごろになると大人のスプーンを取って口に入れたりするので、完全に虫歯菌がうつらないようにするのはかなり大変です。

そのため、毎日しっかり歯磨きをして、虫歯にならないようにしてあげることがとっても大事です。

保健センターの歯科検診では「歯磨きのときに歯磨き粉を使うのはうがいできるようになってから」と言われました。

うちの子は2歳過ぎから少しずつうがいができるようになりました。

でも、2歳児はイヤイヤ期です。

うがいを嫌がる時があったり、うがいの水を飲んでしまったりします^^;

そこで、初めての歯磨き粉は「飲み込んでも害のない歯磨き粉」にすることにしました!

食品レベルで作られた歯磨き粉

うちの2歳児が初めての歯磨き粉に使っているのが、ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル です。

子ども用歯磨き粉 (3)

この歯磨き粉に使われている成分はすべて食品で使える成分です。

子ども用歯磨き粉 (4)

これなら、上手にうがいできなくても安心して使えました

フッ素は配合せず、食物繊維で汚れを取る

歯を強くする効果のあるフッ素ですが、「ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル」には配合されていません。

ふつうの歯磨き粉に含まれるフッ素はたくさん飲み込んでしまうと体に害があると言われています。

うがいが上手にできない子どもに使うにはちょっと抵抗がありますよね^^;

代わりに食物繊維の一種であるアルギン酸Naが含まれていて、歯磨きをするときにお口の食べカスを絡めとって汚れを落としてくれます。

「ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル」を使ってみた!

「ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル」は子どもが気に入るように少し甘いグレープ味で、ジェルタイプのサラッとした歯磨き粉です。

子ども用歯磨き粉 (5)

まずは、大人が歯磨き粉を実際に使ってみて、使い方を教えました。

何でも真似したがる年頃なので、その方がスムーズに歯磨き粉を使ってくれました^^

「グレープ味の歯磨き粉使ってみる?」と言うと、うちの子は「やってみる!」とノリノリで、嫌がらずに歯を磨けましたよ

甘い味がするので気に入ったみたいです^^

子ども用歯磨き粉 (1)

この歯磨き粉はジェルタイプで泡が立ちにくいので、何度もうがいしなくてもお口に残りませんでした。

子ども用歯磨き粉 (2)

この日はちゃんとうがいをしてくれましたが、ふざけて飲んでしまうこともあるのでやっぱり飲み込んでも害がないものがいいなと思いましたよ。

うがいができなかった日はガーゼで拭き取ってあげるだけでも良いそうです。

「ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル」は50g入りで1,814円です。

歯磨き粉としては高めの価格です。

でも、食品レベルで安全な歯磨き粉はなかなかないので、「歯磨き粉に慣れてうがいがちゃんとできるようになるまで」の時期にはおすすめです^^

「ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル」はアマゾン、楽天からでも購入できますが、公式ホームページが一番おトクです。

公式ホームページのみ初回送料無料で、会員登録やLine登録すればさらに500円オフで購入できますよ^^

詳しくは公式ホームページで確認してみてくださいね。

 公式ホームページはこちら!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする