赤ちゃん、子どもの布団のダニ対策!置くだけ手軽なダニ捕りロボを使ってみました

シェアする

ダニ捕りロボ (2)

小さい子どもがいると布団やベッドのホコリやダニが気になりますよね^^;

乳幼児は、ホコリやダニが原因でアレルギーになりやすかったり、気管支炎にかかりやすいので、子どもが生まれてから布団のお手入れに気を使うようになりました。

うちのマンションはベランダが狭くて布団が干しにくくて、今までは布団クリーナーと布団乾燥機を併用してお手入れしていたのですが、それでも布団のダニは取り切れないそうです。

そこで、布団、マットレスに置くだけでダニを捕獲できるダニ捕りロボ も使ってみることにしました!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

ダニ捕りロボってどんなもの!?

私は布団、マットレス用の「ダニ捕りロボソフト」を使っています。

ダニ捕りロボ (1)

ロボという名前ですが、「誘因マット」というダニを集めるシートでダニ対策するようです。

ダニ捕りロボ (3)

誘因マット自体は10cm×10cmの小さめの薄いシートですが、これで約1m×1mの範囲で使えます。

ダニ捕りロボ (5)

どうやってダニを集めるの!?

誘因マットの中にある誘引剤でダニを集める

→ ダニを誘因マット内に閉じ込める

→ 吸湿材で乾燥させて死滅

という仕組みでダニが捕れるそうです!

誘引剤は安全なの!?

誘因マットは敷布団の下に置くので、直接子どもが触ることはないです。

でも、万が一触ってしまったり、誘引剤を噛んでしまったときのことを考えると安全性は気になりました。

それで、公式ホームページに載っている安全性試験の結果を見てみると、

  • 毒性試験では食塩よりも毒性が低い
  • 触れてしまっても刺激性はない
  • 発がん性などもない

と書いてありました!

肌の弱い赤ちゃんにも使えるものとして載っていたので、私も安心して使っています^^

天日干し、布団クリーナー、布団乾燥機との違いは!?

天日干し、布団クリーナー、布団乾燥機では、布団の表面のホコリやダニは取れますが、布団の奥に隠れるダニを完全に死滅させることはできないそうです!

しかも、布団奥には表面に比べてダニが1000倍もいるそうです…。

一番有効なのは布団のクリーニングですが、高額だしクリーニングに時間もかかるので頻繁にはできません。

ダニ捕りロボは置くだけなので、毎日忙しい子育て中でも手間がかかりません^^

私はアレルギー体質で、うちの子は肌が弱くブツブツができやすいので、布団クリーナー、布団乾燥機と合わせてダニ捕りロボを使っています!

ダニ捕りロボを使ってみました!

送られてきた箱の中には、

ダニ捕りロボ (1)

ダニを捕獲する「誘因マット

ダニ捕りロボ (3)

誘因マットを入れるカートリッジ

ダニ捕りロボ (2)

使用説明書」が入っていました。

ダニ捕りロボ (4)

手順は、

1. 誘因マットのパッケージを開封して綿(誘引剤入り)を取り出す

ダニ捕りロボ (5)2. カートリッジに取り出した綿をセット

ダニ捕りロボ (6)

3. カートリッジに日付(有効期限3ヶ月)を書いたシールを貼ってフタをし、

ダニ捕りロボ (7)

4. 敷布団の裏にセット

ダニ捕りロボ (8)

これだけなので、とっても簡単にできました^^

ダニ捕りロボ!本当に効果はあるの!?

ダニ捕り用シートで本当に効果があるのかは気になるところです。

公式ホームページでは、

かゆみも減り、鼻水も出なくなった。

子どもが喘息なので使っています。おかげ様で安心して寝られます。

などの口コミが載っていました。

効果は3ヶ月間ですが、依頼すればダニ捕りロボで「どんな種類のダニがどれだけ捕れたか」を調べられるそうです!

3ヶ月たったら調べてもらう予定なので、またレビューしますね^^

ダニ捕りロボ のより詳しい説明は公式ホームページに載っています。

気になる方はチェックしてみてください。

 公式ホームページはこちら!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする