はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!きらいな歯磨きが楽しいに変わる絵本

シェアする

絵本

今回は歯磨きが楽しくなる絵本を紹介します^^

歯磨きが大嫌いだったうちの子が嫌がらずに歯磨きをするようになった絵本です。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

歯磨きの悩み

歯磨きで悩んでいるママは多いですよね。

うちの子もなかなかすんなり歯磨きさせてくれません。

ちょっと前までは、子どもを寝かせて両足で子どもの肩を押さえつけて無理やり歯磨きをしていました。

毎回大泣きでした^^;

それでもきちんと磨けていたときは良かったのですが、2歳を過ぎた頃から「歯ブラシを手でつかんで抵抗する」や「両足を使って蹴って抵抗する」など力が強くなってきてきちんと磨けなくなってしましました…。

歯磨きが楽しくなる絵本

うちには元々歯磨きの絵本がいくつかあったのですが、「みんなで楽しくニコニコ歯磨きをする」というタイプの絵本ばかりでした。

うちの子にはこれが効かず、読もうとすると「いらない!」と言って絵本を閉じてしまいました。

そんなうちの子でも好きになった絵本がはみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!です

この絵本は歯磨きが嫌いな男の子のもとへ「しゅっ しゅっ しゅっ」と言いながら『はみがきれっしゃ』がやってきて「いっしょにみがこう」と誘います。

その後、男の子は「あーん」と口を開けて、「しゅっぱつしんこう!」と言いながらはみがきれっしゃはお口の中にやってきます。

「しゅっ しゅっ しゅっ」と言いながら歯を駅に見立てて、「まえのはえき」につまっているにんじんやワカメを取ったり、「おくのはえき」につまっているおにくをまえ、うしろをしっかり磨いて取ったりします。

それから、きれいになった歯をみて「つるつる ぴかぴか しゅっ しゅっ ぽー」で終わり、最後は歯ブラシ置き場に帰っていきます。

歯磨きの一連の流れが「れっしゃの冒険」のように描かれていて、見ていて楽しくなる絵本です。

絵本のように歯磨きしています

私は絵本の流れをそのまま歯磨きの時に使っています^^

うちの子の歯磨きをするときも、まずは、「しゅっ しゅっ しゅっ はみがきれっしゃが来たよ~。」と言いながら歯ブラシを見せます。

それから、「まえのはえきにとうちゃく じゃがいもにしゅっ」という感じでその日に食べたものを言いながら歯磨きをしています。

これをするようになってからは歯磨きを嫌がらなくなりましたよ!

途中で飽きてお口を閉じようとしたときも「おくのはえきがまだだよ~。」と言いながら続きをしています。

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!のおかげで押さえつけずに歯磨きができるようになりました^^

うちの子は電車好きなので、この本がとてもヒットしたんだと思います。

乗り物好きの男の子には特におすすめの絵本ですよ。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする