抱っこひもで赤ちゃんが寝ても安心!首かっくん防止サポート

シェアする

今回は抱っこひもと一緒に使うと便利な『首かっくん防止サポート』です。

長時間抱っこひもをつけていると、赤ちゃんがそのまま寝てしまうことがありますよね。

その時、首がだらんと後ろになってしまう赤ちゃんをよく見かけます。

フードカバーを取り付ければ、首かっくんを防げるのですが今の時期はフードカバーが暑くて汗だくになってしまう子も多いですよね^^;

そんな時に便利なのが首かっくん防止サポートです。

よだれや汗防止にも使える優れものなので紹介しますね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

『首かっくん防止サポート』ってどんなもの!?

首かっくん防止サポート (1)

首かっくんとよだれを両方カバー

首かっくん防止サポート (4)

『首かっくん防止サポート』は中にボードが入っていて、赤ちゃんの頭・首を支えてくれます。

首かっくん防止サポート (2)

さらに、肩ベルトのところをくるむカバーもついているので、赤ちゃんのよだれが抱っこひもにつくのを防いでくれます。

この形で対面抱っこ、おんぶでも使えます。

生地の表地はダブルガーゼで綿100%なので柔らかいですよ^^

安心の日本製です。

ボードなしでも使える

ボードなしで折りたたんで使えば抱っこひもの上の部分のカバーにもなります。

首かっくん防止サポート (3)

この状態で対面抱っこ・おんぶ・前向き抱っこでも使えます。

抱っこひもの上の部分は赤ちゃんが汗をかいたり、なめたりするので汚れやすいんです!

実際、私が3年近く使った抱っこひもは何度も洗ったのに上の部分だけ黄ばんでしまいました。

この部分をカバーできるのは意外に役立ちますよ!

公園・買い物・自転車で使ってみました!

私は、3歳の長男と0歳の次男の2人の子どもがいるのですが、長男に付き合って次男は外でずっと抱っこひもということがよくあります^^;

公園や買い物や幼稚園の送り迎えの自転車などなどです。

そこで、外に出かけたときに『首かっくん防止サポート』を使ってみました!

次男はフードカバーを嫌がっていたので、以前は「起きているときは帽子」、「寝たら帽子を取ってフードカバー」にしていたのですが、いちいち付け替えるのが面倒でした。

『首かっくん防止サポート』だと、フードはまったく使わずに帽子をずっとかぶった状態で出かけられるので助かっています^^

抱っこひものまま自転車に乗ったときに次男が寝てしまっても、首や頭をしっかり支えてくれるので安心です。

中に入っているボードは簡単に取り外しできるので、洗濯機でそのまま洗えますよ^^

よだれカバーより使いやすい!首かっくん防止サポート

抱っこひもを使っているほとんどのママは、抱っこひもの肩ベルトの部分によだれカバーをつけています。

でも意外に抱っこひもの上の部分の汚れに気づいていない人が多いですよね。

私も長男が赤ちゃんのときは気づかず、そのまま使っていたら汚くなってしまいました^^;

首かっくん防止サポート』は赤ちゃんの頭を支えてくれるだけでなく、抱っこひもの汚れ防止にもなります。

赤ちゃんがよく抱っこひもで寝てしまう人や抱っこひもを長期間キレイに使いたい方におすすめですよ^^

私が使っているのはミモザドット柄ですが、他にもゾウさん柄・ウサギさん柄・星柄など全9種類あるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする