お宮参りの着物(産着)レンタル!質の良い着物が手軽に借りられて大満足

シェアする

今回はお宮参りの着物レンタルについて紹介します。

お宮参りには赤ちゃんを父方の祖母か母方の祖母が抱っこして産着(祝着、初着)を着せるという風習があります。

産着レンタル (4)

パパやママの小さい頃の着物を使うことも多いようですが、持っていないことや汚くなってしまったなんてこともよくありますよね。

一般的には赤ちゃんの母方の実家が御準備して贈る事が多いのですが、着る機会はなかなかないし買うのはもったいないと思う方も多いと思います。

私もそうでした^^;

それで、利用したのがお宮参り用着物(産着)レンタルです。

これがとても便利で、質の良いものを借りることができたので、紹介しますね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

着物(産着)レンタルってどんなものが借りられるの!?

男の子だと黒か紺、女の子だと赤や黄色やピンクの着物をレンタルできます。

うちは男の子なので、黒色の兜と彩松の着物をレンタルしました。

正絹で作られていて、刺繍もしっかり施してある立派な着物でしたよ!

産着と一緒に身に着けるベビー帽子セットも無料でレンタルできました。

小物を使うとかわいい写真が撮れましたよ^^

産着レンタル (2)

でんでん太鼓やベビードレスもオプションでレンタルすることができます。

ネットレンタルはおトク!

産着には、合成繊維で作られたものと正絹で作られたものがあります。

ネットのレンタルだと、合成繊維で3,800円~借りることができます。

正絹のものでも9,800円~借りられます。

私がお宮参りに行った神社でも産着をレンタルしていましたが、合成繊維のもので10,000円~、正絹のもので18,000円~でした。

小物もついていません。

しかも、ネットレンタルなら3泊4日借りることができますが、神社で借りると当日、神社でしか借りられません。

神社などで借りるよりは、ネットレンタルの方が断然おトクですよ^^

産着を長く借りれたことで、家で産着を着せて写真を撮ることができました!

産着レンタル (3)

ソファーに白い布を引いて赤ちゃんを座らせて、着物を置いて小物をつければ、記念写真風の1枚が家で撮れますよ^^

写真スタジオで撮ると高いので、我が家はこれで済ませました

やっぱり便利!レンタル着物(産着)

着物と小物は持ち運びしやすいバッグに入っていて、そのまま神社に持って行けます。

少し難しい産着の着用方法も写真付きの説明書が添付されているので、分かりやすかったです^^

送り状も印字されて届き、往復送料無料なので、返却時は宅配便に電話するだけでとても楽でしたよ

クリーニング不要で置き場所にも困らないレンタル着物(産着)はとても便利で良かったです!

色々な柄があるので、気になる方はチェックしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする