妊娠中の鉄分対策におすすめ!錆びない鉄フライパンで鉄分摂取

シェアする

妊娠すると栄養素をたくさん摂らないといけません。

その中でも、妊婦は鉄分が不足しやすいと言われています。

妊娠時は、胎児に優先的に鉄分が運ばれます。特に妊娠後期には分娩に備えて血液量が増えますがヘモグロビンの量は増えないため、血液が薄くなって貧血が起こりやすくなります。妊婦の3~4割が鉄欠乏性貧血になるという調査データもあります。重度の貧血は、出産時に胎盤剥離部の出血が止まらない弛緩出血を起こしたり、母体の抵抗力が低下することで産褥熱(さんじょくねつ)にかかりやすいこともあるので注意が必要です。

鉄分不足は、出産時や出産後に影響が出る可能性があります。

実際、私も前の子を妊娠したときに病院から鉄剤を処方されてしまいました^^;

今回は妊娠中の鉄分対策について紹介しますね。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

鉄分が多く含まれる食べもの

妊婦が鉄分を摂る目安は1日20mgで、妊娠前の1.7倍だそうです。

まずは、鉄分が多く含まれる食べものを紹介します^^

動物性の食べもの

レバー

FaceGuard / Pixabay

  • 豚レバー(100g)            :13mg
  • 鶏レバー(100g)     : 9mg

  • 牛レバー(100g)     : 4mg

  • カツオ(生100g)     : 1.9mg

  • あさり(水煮・缶詰100g) : 37.8mg

植物性の食べもの

Shingo_Nono / Pixabay

Shingo_Nono / Pixabay

  • 乾燥ひじき(100g)          : 6.2mg

  • 小松菜(茹100g)             : 2.1mg

  • がんもどき(100g)          : 3.6mg

  • 納豆(100g)                   : 3.3mg

  • もめん豆腐(100g)          : 0.9mg

  • 枝豆(茹100g)                : 2.5mg

動物性食品で、鉄分の吸収率は約23%、植物性食品だと約5%しかないそうです。

毎日食べものから20mg摂るのは、けっこう大変ですよね^^;

しかも、つわり中の妊婦さんは食べられないものがたくさんありますし、後期になってくると赤ちゃんがおなかを圧迫して、たくさん食べられなくなることもあります。

鉄分対策におすすめ!鉄フライパン

そこで私のおすすめは鉄フライパン、鉄なべです^^

普段の炒め物、煮物、汁物などで使うことで鉄分が自然に毎日摂れますよ。

鉄フライパンって手入れがめんどうでは!?

ふつうの鉄フライパンは手入れがめんどうで、使う前に油にならしたり、使った後は錆びないように洗った後に油を塗りつけたりしなければいけません。

錆びてしまったら意味がないですし、忙しい主婦には時間をかけて手入れしながら使うのはなかなかきびしいですよね^^;

そこで、私が買ったのはリバーライト 極 炒め鍋の錆びない鉄フライパンです!

リバーライトの鉄フライパン!なぜ錆びないの!?

ふつうの鉄フライパンは塗布してある錆止めを火で焼き切ってから使うので、使用時はとっても錆びやすい鉄単体の状態です。

これだと、空気中に湿気が多いだけでも錆びてしまいますし、手入れにも気を使います。

それに比べて、リバーライトの鉄フライパンは鉄の表面を窒化させています。

窒化された鉄フライパンは高温で焼いても反応しないので、極めて錆びにくく、しかも強靭なフライパンなのです!

2年以上使っています!リバーライトの鉄フライパン

豊富なラインナップ

鉄フライパン(1)

私は炒め物にも煮物にも使いやすいようにちょっと深めの極 炒め鍋30cmを使っています。

鉄フライパン(1)

この大きさなら家族4人分くらいのおかずを一気に作れますよ^^

鉄はテフロンに比べて熱伝導率が217倍もあります!

なので、中火くらいで炒め物がシャキッとおいしく仕上がりますよ^^

お手入れ

使う前

フライパンを中火で温めてから、たっぷりの油(お玉一杯分くらい)を入れてフライパンの肌に油をなじませます。

油が熱くなったら、油をオイルポットに戻します。

調理に必要な油を入れて、調理開始です。

この作業は少しめんどうなのですが、他の料理をしている間に片手間でするので、時間はあまり取りません^^

何度か使って油がなじんできた頃から、「少し多めの油で数分フライパンを熱して、キッチンペーパーでなじませる」ことしかしていませんが炒め物をしてもほとんどくっつきませんよ。

使った後

使い終わったらフライパンが熱いうちにタワシを使ってゴシゴシ洗い、お湯で流しています。

洗剤は使いません。その後、強火で熱して半分ほど水を切り自然乾燥でOKです^^

使い終わったらこれだけなので、お手入れはラクですよ!

焦げ付かせてしまったら!?

以前、手入れをてきとうにし過ぎてかなり焦げ付かせてしまったことがありました^^;

その時は、

  1. クレンザーとナイロンタワシで全体を軽くゴシゴシ
  2. 水できれいに洗い、乾かす
  3. 80~100番のサンドペーパーで焦げの部分を磨く
  4. 水できれいに洗う
  5. 強火で空炊き

この工程を行えば、焦げは全部落ちて鉄フライパンは新品と同じくらいキレイになりました!

サンドペーパーはホームセンターなどで売っています^^

鉄フライパンはとても長持ちするので、テフロン加工のフライパンのように買い直ししなくてもいいんです。

結果的に、コスパがいいですよ

自然に鉄分対策ができる、鉄のフライパンやおなべは妊娠中におすすめです。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする