産後のおなかが戻った!育児の合間にできる引き締め法とは

シェアする

産後おなか

今回は『産後のおなか引き締め』についてです。

赤ちゃんを出産すると、体形が徐々に元に戻りますが「おなかだけは妊娠前のように戻らない!」というママがたくさんいます。

私も1人目を出産したときに、母乳育児で体重はどんどん減るのにおなかだけ戻らなくてとても気になりました。

そこで、2人目を出産した後に「おなかを元に戻すための方法」を調べて実践したところ、1人目妊娠前まで戻すことができました!

上の子もいたのでとっても忙しくて、毎日の筋トレなどは一切やっていません!

私は整体院の骨盤矯正に通うことでおなかを元に戻しました。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

骨盤のひらき・ゆがみを戻すのが大事

妊婦の腰痛対策 (7)

私が通ったのは、「産後骨盤矯正」です!

産後にポッコリおなかが戻らないのは、骨盤のゆがみが原因と言われています。

骨盤がゆがむのはなぜ!?

妊娠中から出産に向けて、骨盤まわりを緩めるホルモンが分泌され骨盤は少しずつ広がっていきます。

そのため、産後の骨盤は赤ちゃんを出産するために下半分が大きく緩んでいる状態になっています。

出産後にホルモンの分泌が終了すると、骨盤は3~4ヵ月かけて元の位置に戻ろうとします。

でも、元々姿勢が悪かったり、出産に時間がかかったりして骨盤がゆがんでしまうと、元の位置に戻れなくて、ポッコリおなかが元に戻らない原因になります。

骨盤を矯正する方法

産前・産後に開いてゆがんだ骨盤を矯正する方法はいくつかあります。

骨盤ベルト・産後用ガードル・骨盤エクササイズなどです。

でも、どれも産後に2人育児をして大忙しの私としては時間がありませんでした^^;

エクササイズをする時間はないし、ガードルを毎日洗うのも手間でした。

そこで、できるだけ短時間で済ませようとカイロプラクティックの「産後骨盤矯正コース」に行くことにしました。

骨盤矯正はいつ始めるのがベスト?

産後半年を過ぎると骨盤が固くなってしまうので、骨盤が元に戻ろうとしている時期に矯正して正しい位置に戻す方が効果的です。

ただ、産後1ヵ月以内の産褥期は母体がまだ回復していないので、安静に過ごした方がいい時期だと言われています。

この時期は整体やカイロプラクティックの骨盤矯正も受けられません。

私が通った整体院では、「出産後1ヵ月を目安に来てください」と言われました。

私は上の子もいて、多忙だったので出産後2ヵ月目から通ったのですが『安静期間が終わったらできるだけ早め』がいいようです。

手軽にできる!整体院での産後骨盤矯正

妊婦の腰痛対策 (6)

私は、整体院の『産後骨盤ケアコース』に通いました。

『骨盤矯正30分+立体動態波電気20分』のコースです。

立体動態波電気は「10分間で160回分の筋収縮を手軽に効率的に行うことが出来る機器」で家で筋トレする時間がないので、骨盤矯正に追加しました。

これを週に1回で計4回通って、その後は骨盤矯正30分だけを2週間に1回、3週間に1回と少しずつ減らしていきました。

全部で8回くらい通いました。

私は、元々妊娠中に腰痛がひどくなって骨盤矯正にずっと通っていたからか、出産後も骨盤はそれほど大きくゆがんでいないと言われました。

なので、この回数で完了できたのかもしれません。

骨盤矯正に通ってから、完全母乳で育てているのもあって体重はどんどん落ちていき、それと同時におなかも元通りになりました!

私は、妊娠前から胃下垂気味だからか下腹がぽっこりしているのが気になっていたのですが、骨盤矯正に通った後は今までで1番おなかが出ていません。

整体院に通って骨盤を矯正するのはコストがかかりましたが、2人育児で忙しいので、自分で筋トレしたりする他の方法は厳しかったと思います。

私は2人目を出産して、もう次に妊娠する予定はないので体形をキレイに戻せて満足しています^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする