ベジセーフは農薬を落とす効果あり!?実際使って分かったこと

シェアする

 ベジセーフ (4)

子どもができてから食べ物の品質や安全性が気になり始めました。

日本は世界でもトップクラスの農薬使用量だそうです。

高温多湿で虫が発生しやすい環境などが原因です。

我が家には、3歳と0歳の子どもがいますが、長男はほぼ毎食トマトを食べています。

私はトマトのような皮をむかずにそのまま食べる野菜や果物は水洗いしても農薬が取れてないのではと不安でした。

そこで、我が家では農薬などの化学物質を落としてくれると口コミで評判だったベジセーフというスプレーを使い始めました。

ベジセーフたまごクラブひよこクラブクロワッサンなどの有名雑誌でも取り上げられた野菜洗い専用水です。

『本当にうちで食べる野菜の農薬は落ちたのか!?』について詳しくレビューしますね^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

野菜・果物洗いに!ベジセーフ

ベジセーフってどんなもの?

ベジセーフ (6)

べジセーフはアルカリイオン水で、成分は水99.9%と炭酸カリウム0.1%です。

炭酸カリウムは天然の植物の灰分中に含まれていて、麺や豆腐作りにも使用されているものです。

しかも、ベジセーフでスプレーした後は水で洗い流すので、0歳の赤ちゃんの離乳食にも安心して使えました^^

農薬は水では落ちないの?

ベジセーフ (7)

農家の方が農薬を使う時に、農薬が雨などですぐに流れないように『展着剤』というものが使われることがあります。

この展着剤、雨で流れないということは水で洗っても取れにくいんです!

展着剤はすべての野菜や果物に使われているわけではありませんが、農薬を落ちにくくするために使うものなので、トマトなどのツルツルした野菜に使われることが多いそうです。

ベジセーフは、この展着剤や果物に使われるワックスなどをイオンの力を使って落としてくれるんです。

ベジセーフを野菜に使ってみました!

我が家はほぼ毎食プチトマトを食べるので、どれくらい取れるのか気になります^^;

ベジセーフ (1)

プチトマト1パックにベジセーフを20プッシュほどして、ボールでぐるぐるかき混ぜました。

ベジセーフ (5)

そうすると、黄色い液体がでてくるでてくる…。

けっこうたくさん取れてびっくりしました!

ベジセーフ (2)

次に、プチトマトを水でゴシゴシ洗ってからベジセーフを使ってみました。

農薬が水で本当に取れないのかの実験です。

水洗いせずにベジセーフを使った時に比べて、黄色い液体が薄くなりました。

ベジセーフ (3)

でも、まだ黄色いのでやっぱり水洗いでもすべて落とすのは難しいみたいです^^;

次に、ベビーリーフでもやってみました!

ベジセーフ (8)

少し黄色がかった液体が取れました。

ベジセーフ (9)

トマトの時よりも葉に水分がくっついてなかなか回収できなかったのですが、やっぱり葉野菜でも取れました。

それから、ベジセーフを使ってもう1つ良かったことは、しんなりした葉野菜がベジセーフを使うとシャキシャキになることでした!

表面に付着している農薬やワックスを落とすことで、洗った時に水分をより吸収するからだそうです。

長男もベジセーフで洗ったサラダをおいしそうにパクパク食べていました

おいしい野菜が手軽に食べられるのは嬉しいポイントでした^^

野菜・果物を安心して食べるために!ベジセーフ

農薬やワックスは気になるところですが、すべての野菜や果物を毎回ベジセーフで洗うのは時間がかかりすぎます。

毎日家事と育児で忙しいのにそんな時間はありません。

でも、皮をむかずに食べる野菜や果物はできる限り「ベジセーフで洗ってから」食べることにしようと思いました。

特に、長男がほぼ毎食食べているプチトマトは農薬・展着剤が気になるので、毎回ベジセーフで洗うことにします。

ベジセーフはスプレーしてかきまぜるだけなので、とっても手軽に使えます。

皮をむかない野菜や果物をよく食べている人にはおすすめですよ^^

ベジセーフの詳細やその他の口コミについては、公式ホームページをチェックしてみてください。

まずは試してみたいという方のためにベジセーフは『20日間の全額返金保証』があります!

もし使ってみてイマイチだなと思っても、全額返金してくれるので安心ですよ^^

公式ホームページはこちら

ベジセーフC

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする