1歳児と旅行に行くとき知っておきたい4つのこと

シェアする

1歳旅行(1)

子どもが1歳ごろになると、初めての家族旅行を計画する方も多いのではないですか?

我が家も長女の1歳の誕生日に、初めての家族旅行にでかけました。

その時のエピソードとともに子連れ旅行で気をつけたいことと、子連れ旅行の持ち物などについて紹介します。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

旅行プランの考え方

1歳旅行(2)

行き先の条件

まずは行き先ですが、夫婦で旅行していた時のように「大人が楽しめる旅」にしてしまうと、スケジュールに無理がでたり、かえって疲れてしまうことになるだろうと思い、子ども優先のプランをたてることにしました。

それも子どもが小さいと何が起こるか分からないので、予定変更に対応できるプランにしました。

当時福岡県に住んでいたのですが、条件としては

  • 車で移動できる距離
  • 子どもが楽しめる場所
  • ホテル内でご飯や遊びができるところ

の3つでした。

初めての旅行なので、移動時間が短い方がいいと思い車移動できる距離にしました。

また、あくまで子ども優先のプランをたて、疲れた時にすぐ休めるようにホテル内で遊びもご飯も完結できるところをさがしました。

旅行内容

実際に行った旅行先は大分県で、ハーモニーランドでパレードを見て杉乃井ホテルに泊まって、二日目はホテル内の室内プールで遊ぶことにしました。

娘はまだ1歳なのでパレードを見て喜んでくれるか不安でしたが、当日すごく喜んでくれて一緒に手を叩いたり踊ったり、楽しそうな表情がみれたのですごくよかったです。

周りには同じくらいの年の女の子がいて、その子は着ぐるみが怖いのかすごく泣いていたので子どもの性格を見て行き先は考えた方がいいですね。

パレードで興奮して疲れたのか、ホテルに着いた頃は機嫌があまりよくなかったので、外にご飯に行くんじゃなくてホテル内で完結できるようにしてよかったと思いました。

次の日室内プールで遊びましたが、ここは少し苦手だったみたいで水を怖がって泣いていました。

それもいい経験になったね、とポジティブに考え少しの時間であがりました。

余裕を持ってスケジュールをくんでいたのですが、思ったより時間が余ったので早めに帰ることにして、帰り道に有名な食事処でご飯を食べて帰りました。

大人からしたら少し物足りない旅行ですが、家に着いてから4時間眠り続けた娘を見てやっぱり疲れていたんだな、と思いこのスケジュールでとても満足しました。

1歳を連れた旅行の持ち物

1歳旅行(3)

子連れ旅行をしようと思った時一番気になるのは持ち物ですよね。

私旅行の時荷物は最小限まで減らしたいタイプで、足りないものは現地調達しよう、という考え方なのですが、子連れということであれもこれもと荷物を詰めました。

子どものものはどうしても荷物が多くなりますよね。なので、私が持っていてよかったもの、使わなかったものを紹介します。

持ち物一覧(一泊二日旅行で子どものもの)

  • レトルトの離乳食
  • 子供用カトラリー
  • ストローマグ
  • お茶2本
  • ストロー
  • 使い捨てスタイ
  • 子ども歯ブラシ
  • 除菌シート
  • 着替え4日分
  • 肌着4枚
  • オムツ20枚
  • おしりふき
  • 帽子
  • ベビーカー用冷却シート
  • ベビーカー
  • エルゴ
  • タオル、ハンカチ、ガーゼ各4枚
  • 保湿用品
  • お気に入りお菓子
  • お気に入りおもちゃ
  • ビニール袋多目に
  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー

など、子どもの荷物だけでボストンバックひとついっぱいになりました。

初めてだったので、必要そうなもの全部詰め込んでいきましたが、お察しの通り使わないものの方が多かったです。

着替えやタオル類もたくさん持って行きましたが、そんなに汗もかかず汚れもしなかったので、結局着替えが一式あれば足りました。

予備はあった方がいいので泊数分プラス一式でよさそうです。

1番かさばったオムツも、もちろん20枚もいりませんでした!

こちらも1日3〜4枚×泊数分で十分です。足りなければどこでも買うことはできますしね。

着替え類とオムツが減るだけでだいぶ荷物の量は少なくなると思うので、この旅行でたくさん持って行ったのは失敗だったと思います。

逆に持っていてよかったものは、子ども用のカトラリーです。

最近は割とどこに行っても子ども用のカトラリーを用意してくれているところも多いですよね。

でも、まだ1歳になりたてということもあり、不特定多数が使ったものより、普段使い慣れているものの方が安心して食べさせることができます。

それと、タオル、ハンカチ類は多めに持っていてとても助かりました。

夏場に旅行に行ったのですが、汗を拭くのはもちろん、外にいる時と冷房の効いた室内と温度差があってブランケット代わりに使ったりもしました。

ホテルの部屋にもタオルは用意されていますが、子どもがいるとなにかと足りないことが多く、フェイスタオル、スポーツタオル、ハンカチと4枚ずつ持っていましたが、一泊二日の旅行中に全部使いました。

1歳の子連れ旅行で気をつけたいこと

スケジュールは余裕を持とう

先程も書きましたが、子連れ旅行だとスケジュール変更に対応できるようにプランを決めることが大切だと思います。

想定外のことが起こった時の代替案を決めておくのもいいかもしれませんね。

スケジュールをこなす旅行にしてしまうと、大人は満足するかもしれませんが、子どもにとってはハードになってしまう可能性があります。

家族写真を残そう

それと、旅行から帰ってたくさん撮った写真を見返してみると自分が映った写真が一枚もないことに気がつきました。

パパがカメラ好きでよく撮ってくれる、という人はいいと思いますが、我が家の場合カメラを常に片手に持ってるのは私です。

なので、遊んでいる時の自然な表情や、パパと笑っている写真はたくさんあっても私が子どもと映っている写真が一枚もなかったのです!

結構こういう人多くないですか?

なので、周りにいる方にお願いして家族で写真を撮ってもらえばよかった!ととても後悔しました。

なので、写真に写りわすれないように気をつけてくださいね(笑)

1歳と行く旅行まとめ

  • 余裕を持ったプラン作り
  • 適正な量の荷物
  • カトラリーとタオルは多めに持っていくことがおすすめ
  • 家族写真を残す

失敗もありましたが、我が家の初めての家族旅行はとても楽しいものでした。

子連れ旅行は大変な面もありますが、とてもいい時間なのでいい思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする