妊婦はこれも飲んじゃだめ?【おすすめの飲み物】

シェアする

妊婦飲み物(1)

妊婦さんはカフェインを大量にとってはいけません」なんて言葉をよく聞きますよね。

カフェインと言われて思いつくものはコーヒーや紅茶などの飲み物が思い浮かびますよね。

よくカフェイン無しの麦茶なども売っていますが、妊娠中ずっと麦茶しか飲めないの?と思うとしんどいですよね。

それにカフェインをとるとどのような作用があるのでしょうか。

今回は妊婦さんが飲み物んでもいいものや、過剰摂取に注意が必要な飲み物についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

妊婦さんは注意!過剰摂取してはいけない飲み物

・カフェイン

カフェインと言えば先ほどもお話しましたが、コーヒーや紅茶が思い浮かびますよね。

他にも緑茶などの日本茶やコーラなどにも含まれています。

そもそもカフェインには子宮収縮や赤ちゃんの死亡リスクなどが上がるということから過剰摂取を控えるように言われます。

緑茶にはリラックス効果もありますし、コーヒーなども1日1杯くらいであれば問題ないとされています。

子宮収縮を感じたり不安な場合は病院の先生に相談しましょう。

また妊娠中は栄養をしっかりとりたいですよね。

栄養補給やつわりでなかなか食事が難しい時に栄養ドリンクを飲もうと考える方もいらっしゃると思いますが、栄養ドリンクにもカフェインが含まれているものが多いです。

こちらも病院の先生に相談するか、ドラッグストアなどでしたら薬剤師さんなどにも相談してみるといいですね。

・アルコール

「妊娠中はアルコール、お酒は控えましょう」という言葉もよく聞きますね。

妊婦さんが飲んでしまうと、お腹の中の赤ちゃんの成長が遅れてしまいます。

私の知人の話ですが、妊娠したことに気づかずお酒とタバコを続けていたそうです。

生理不順で妊娠かな?と病院に行った時には成長が遅く、その後流産してしまいました。

少しくらい大丈夫!と思われるかもしれませんが、その方の体質によって流産しやすいという方もいます。

お酒を飲んでしまったから・・・と後悔しないように、お酒は飲まないようにしましょう。

あとノンアルコールと言われているものにも多少ですがアルコールが入っているものがあります。

0%と書いてあっても表記基準などの関係で0.何%は入っていることがあります。

どうしても飲みたいというときには、しっかり表記を見たり、病院で相談してみましょう。

・安産ティー

妊婦さんであれば安産ティーという言葉も聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

出産の時間もなるべく早く問題なく産まれてくれるとうれしいですよね。

しかし安産ティーは妊娠8ヶ月以降に飲むといいとされています。

子宮収縮の作用があるためです。

そのため妊娠初期や中期に飲むと流産の恐れがありますので控えましょう。

私は妊娠後期に飲みましたが、飲んだ初日に安産ティーのせいなのか、子宮収縮でお腹が痛くなりベッドで安静にするほどでした。

なので過剰摂取やまだ生まれてもいい体重や時期になっていない方は注意してください。

・糖分が多い飲み物

こちらは赤ちゃんに影響が出るというよりも、体重増加のために注意したい飲み物ですね。

妊娠初期であればつわりで体重が増えなかったという方もいらっしゃると思います。

私は食べつわりで始めから4㎏も増えてしまいました。

妊娠後期には「空気でも体重が増えるんじゃないか」とよく言われますがそれほど体重は増えやすいんです。

そんなに食べていないつもりでも1週間に1㎏増えます。

そんなに増えると思うと怖くないですか。

ジュースは糖分が多いので、飲み物を麦茶にするだけでもかなり変わります。

全く飲まないのはストレスになってしまうので、しっかり決めて飲むようにしましょうね。

妊婦飲み物(2)

妊婦におすすめの飲み物

言われてみると過剰摂取してはいけない飲み物って結構ありますね。

しかし妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るために血液も増えています。

そのため、水分補給をしっかりする必要があるんです。

お腹が大きくなるとトイレが近くなりますが、こまめに水分補給をしましょうね。

では妊婦さんにおすすめの飲み物をご紹介します。

・麦茶

麦茶はノンカフェインというだけでなく、栄養的にもおすすめなんです。

ミネラルが豊富に含まれていますし、便秘にうれしい食物繊維が含まれています。

あと妊娠中は水分補給をしっかりしたいですよね。

麦茶のパックは安く経済的にも嬉しいですね。

・タンポポ茶

タンポポ茶はカフェインの心配のない安心して飲めるお茶です。

またタンポポ茶も便通をよくしてくれる作用があります。

その他にも血行がよくなってくれます。

そのため、母乳が出やすくなり、産後もおすすめの飲み物ですよ。

・ルイボスティー

ルイボスティーはカフェインが入っていないので、ハーブティーが好きな方にはおすすめです。

ハーブティーはリラックス効果もありますし、紅茶をよく飲んでいた方であればルイボスティーに変えられるといいですね。

また鉄分やカルシュウムもとれるので、妊娠中に欲しい栄養も補えますよ。

・乳酸菌飲料

妊娠中は便秘で悩む方が多いですよね。

私も妊娠に気づいたときから生まれるまでずっと便秘に悩んでいました。

病院から便秘の漢方をずっと処方してもらっていました。

妊娠中にも飲んでもいい薬ではありますが、お腹が痛くなったりすることもありますし、自然に出せれば嬉しいですよね。

乳酸菌飲料は甘いものも多いので飲みすぎには注意が必要ですが、たまにジュースが飲みたいなというときには乳酸菌飲料にしてみてはどうでしょうか。

・ココア

ココアはカフェインが入っておらず食物繊維も一緒にとることが出来ます。

カロリーも低いものがよく売っています。

牛乳と合わせて飲むとカルシウムも一緒にとることが出来ますね。

ココアは暖かいとほっとすることが出来ますよね。

冬の寒い時には飲みたくなりますが、妊娠中でも安心して飲める飲み物ですよ。

妊婦飲み物(3)

妊婦さんの飲み物のまとめ

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運ぶため、血液が増え水分補給はとても大切ですよね。

ですが、コーヒーや紅茶以外にも過剰摂取してはいけないものは意外にも多かったのではないでしょうか。

産まれるまで我慢というのはつらいと思うこともあるかもしれませんが、赤ちゃんが元気に育ってくれるためです。

過剰摂取に注意

  • カフェイン
  • アルコール
  • 安産ティー
  • 糖分が多い飲み物

おすすめの飲み物

  • 麦茶
  • タンポポ茶
  • ルイボスティー
  • 乳酸菌飲料
  • ココア

妊婦さんは不足しがちな栄養も多いですよね。

飲み物で栄養補給を出来てリラックスもできると一石二鳥ですね。

カフェインがとれないと今まで飲めていたものが飲めないこともありますが、1杯であれば飲めたり、他の飲み物で代用できるといいですね。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする