【新生児の抱き方】母乳をあげるときのポイントについて

シェアする

新生児抱き方(1)

産まれたての赤ちゃんはとても小さくてかわいいですよね。

すやすやと眠っていて寝顔を見ているだけで幸せな気持ちになりますね。

ですが抱っこをするのは首がすわっていないので不安や怖いと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

母乳をあげるお母さんであれば尚更慣れていないので苦戦してしまいますよね。

私もはじめは母乳が出ず嫌がる息子にあげるのに苦戦しました。

今回は新生児抱き方や母乳をあげるときのポイントについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

新生児の抱き方

・横抱き

新生児の赤ちゃんは首がすわっていないので、始めは横抱きから始めてみましょう。

ポイントは首や後頭部をしっかり支えてあげることです。

首の後ろが腕にのるようにしてあげると支えやすいです。

しかし斜めにすると赤ちゃんの首も簡単にコロンと傾いてしまいます。

急に動いたりすると危ないので傾けないように気を付けてあげましょう。

新生児の赤ちゃんはお腹の中と同じ姿勢が大好きです。

お腹の中では背中を丸くして手や足をおへそに向かって縮めていました。

なので抱っこでも同じ姿勢にしてあげると赤ちゃんも安心することが出来ますよ。

赤ちゃんの手足を腕の中に入れて丸くなるように抱っこしてあげましょう。

おくるみやバスタオルで包んであげても安心してくれますよ。

・縦抱き

新生児はまだ胃が未発達の為、ゲップをさせてあげる必要があります。

その時に縦抱きにしてあげる必要があります。

赤ちゃんを膝の上に載せて、向かい合わせになるように抱っこしてトントンしてあげるとはじめはやりやすいですね。

他にもゲップの時に肩に載せたりする時に縦抱きをすることもありますよね。

縦抱きの場合は頭を支えてあげるイメージで抱っこしてあげましょう。

手首を赤ちゃんの首の後ろにくるようにし、手のひらと指で赤ちゃんの頭を支えてあげるようにしましょう。

新生児抱き方(2)

新生児に母乳をあげる時のポイント

首がすわっていないと母乳をあげるときにも苦戦をしますよね。

私は退院するくらいにやっと母乳が出だしました。

母乳が出ていないと赤ちゃんも吸ってもすぐに嫌がったり、吸う力も弱いですよね。

母乳が出るようになるには吸ってもらうことが大切ですよね。

母乳もあげるのに慣れていないと体勢にも困ってしまいますよね。

母乳をあげるやり方も変えてみると吸ってくれやすくなることがありますよ。

母乳をあげるときのおすすめの抱き方

クッションを使う

赤ちゃんを膝の上に載せて母乳をあげようとするとグラついたり高さが足りなかったりして難しいですよね。

そんなときは授乳用のクッションを使うと安定してあげやすくなります。

私は身長が高くクッションを2つ使うとちょうどよかったです。

また低反発のクッションを使うと、赤ちゃんを包んでくれるので安定しやすくなります。

2つ使う時には上の方を低反発にするとやりやすくなりますよ。

フットボール抱き

赤ちゃんを膝の上に載せて母乳をあげるやり方が一般的ですが、母乳をあげる抱き方はいろいろあります。

フットボール抱きというのは横腹と腕の間に赤ちゃんを寝かせて、赤ちゃんの頭を持ち上げる、もしくは胸を近づけるようにしてあげる方法です。

太ももの横(外側)にクッションを起き、その上に赤ちゃんを寝かせてあげるとあげやすいです。

私は片方は横抱き、片方はフットボール抱きであげていました。

どちらも同じ抱き方でする必要はありません。

胸の形や利き手等の関係でやりやすいこともあるので、いろんな抱き方を試してみましょう。

ラッコ抱き

ラッコ抱きは文字通りラッコのように縦抱きのように赤ちゃんを抱き、赤ちゃんの重さで胸に寄せる抱き方です。

赤ちゃんによっては頭を胸に寄せようと力を入れると反ってしまう子もいます。

そんなときはラッコ抱きを試してみてください。

ただ赤ちゃんが上から覆いかぶさるようになるため、胸で鼻も塞いでしまいやすいです。

指で赤ちゃんの鼻の近くの胸を押し、空間を作るようにしてあげましょう。

母乳外来で相談しよう

はじめのうちは赤ちゃんも慣れていないので母乳をあげようとすると嫌がったり、しっかりとくわえられなかったりします。

入院中や退院して1週間後の検診で助産師さんから母乳のあげ方を教えてもらうことが出来ます。

赤ちゃんが口を開けたときに乳輪が隠れるくらいまでしっかりくらえさせてあげることがポイントですが、赤ちゃんが嫌がってしまい「可愛そう」と思ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、吸ってもらわないと母乳は出るようになりません。

母乳は栄養だけでなく免疫も赤ちゃんにあげることが出来ます。

始めは難しいと思うので助産師さんに助けてもらったり相談してみましょう。

うちの子は1週間くらいしたら慣れてあげやすくなりました。

うまく吸えたときには「がんばったね」「あってるよ」というサインで背中を優しくトントンしてあげましょう。

新生児抱き方(3)

新生児の抱っこのまとめ

新生児のうちは首がすわっていないので抱っこするのが怖かったり不安になりますよね。

斜めになるだけでコロンと首が移動してしまいます。

始めは横抱きで抱っこしてあげましょう。

  • 横抱きは手や足がおへそに近づけ、背中を丸くなるように抱く
  • ゲップの時は向かい合うように縦抱きをする
  • 縦抱きは手首で赤ちゃんの首、手のひらや指で頭を支える
  • 母乳のあげ方は横抱き、フットボール抱き、ラッコ抱きがある
  • クッションを使って安定させたり高さを調節する

母乳をあげるのは赤ちゃんもお母さんも慣れていないのではじめは苦戦すると思います。

でも赤ちゃんは3か月ごろから首が安定してきます。

成長は本当にあっという間です。

慣れるまでは難しいとは思いますが、たくさん赤ちゃんを抱っこしてあげましょう。

赤ちゃんはお母さんの腕の中が一番安心できますよ。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする