つわりはいつからいつまで続くの?ピークは?つわりの種類と対処法

シェアする

つわり いつからいつまで(1)

妊娠が分かり、一番始めに「しんどそう」と思ってしまうのは、つわりですよね。
今まで経験したことがないと、いつ来るのかも、どのくらいしんどいのかも、心配になってしまいます。

私はまだ小さい男の子を育てていますが、周りに妊婦さんがいなかったため、かなり不安でした。
心構えがあると少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

今回はそんなつわりの症状や、いつからいつまで続くか等、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

つわりはいつからいつまで?

つわり いつからいつまで(2)

つわりは妊娠5~6週ごろから始めり、12~16週ごろまで続く人が多いです。

これは妊娠をしたことにより、ホルモンバランスが変わったり、体が赤ちゃんを育てるために変化しているためです。

その為、胎盤が完成する16週ごろにつわりが落ち着く人が多いのです。

ただつわりの時期やホルモンなどは個人差があり、ないという方もいらっしゃいますし、もっと長かったという方もいらっしゃいます。

つわりのピークはいつ?

つわりのピークは一般的に妊娠8~11週の人が多いです。
こちらも始まる時期と同様に、ピークにも個人差があります。

つわりの時期は大変だと思いますが、「胎盤が出来るまで!」と思って頑張ってください。

また、妊娠なんて人生のうちでも数回くらいですよね。

しんどい時は家族に家事や身の回りのことを手伝ってもらいましょう。

家族の帰りが遅く頼りにくいという方は、日中誰もいないのであれば、手を抜いてもいいのではないでしょうか。

つわりの種類と対処法

つわりといえば、においから吐き気がくる、という印象の方が多いのではないでしょうか。

実はつわりにはいくつか種類があります。

そして、私も実際になりましたが、1つのつわりが終わったら、また別のつわりが始まってしまうということもあります。

ではつわりにはどんな種類があるのでしょうか。

吐きつわり

このつわりは多くの方が体験しているのではないでしょうか。

胃のあたりが気持ち悪く、吐き気がこみ上げてきます。
車酔いや二日酔いが常に続いているような症状です。

そのため、ごはんや飲み物がとれず、せっかく食べても戻してしまうこともあります。

食べられるものを数回に分けて食べたり、こまめに水分を取るようにしましょう。

症状がひどい場合には、脱水症状や栄養失調になってしまいますので、通っている産婦人科の先生に相談してみましょう。

食べつわり

空腹になると気持ち悪くなってしまい、常に食べていたくなります。

甘いものが食べたくなる人や、塩っぽいものが食べたくなる人がいますが、私はとにかく味の濃い物が食べたくなりました。

私はこのころはまだ仕事をしており、出社してお昼ご飯の間にもお菓子を食べていました。
お昼からは2,3回は何かを口にしていました。

事務仕事をしており、上司に伝えてはいましたが、一人だけ食べているのも申し訳なく、チョコなどをこまめにこっそり食べていました。
そんなことをしていると、2か月もしないうちに4㎏も増えていました。

しかし、妊娠中は栄養を吸収しやすいため、のちのち体重管理が大変になります。

今のうちから増えすぎないように、体重管理に注意しましょう。

カロリーの少ないものにしたり、少しウォーキングをしてみたり(医師に相談し、どこまでの運動をしていいか確認しましょう)、がおすすめですよ。

また、空腹になると気持ち悪くなるため、手軽に食べれるクッキーやチョコなどを持っておくといいですよ。

においつわり

においに敏感になり、気持ち悪くなってしまうのが、においつわりです。

よく知られているのが、「お米が炊けるにおいがダメになった」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

私も「においつわり」になりましたが、ごはんのにおいはどれも大丈夫でした。
しかし、たばこと人の口臭のにおいがダメになりました。

嗚咽だけですむことがほとんどでしたが、たまに嘔吐してしまうこともありました。

対策としては、外出するときはマスクを着用するにしました。これで大分楽になりました。

眠りつわり

「夜にしっかり寝たはずなのに眠たい」という症状が眠りつわりです。

赤ちゃんが大きくなっていたり、ホルモンなどの体の変化があったりと、お母さんの体はエネルギーを今まで以上に使っています。

仕事をしている方や、育児をしている方など、日中も眠気に襲われてしまい、集中力が続かず大変ですよね。

眠気が来たら無理をせず、眠れるときは寝て、体を休ませるようにしましょう。

なかなか仕事や育児をしているかたは難しいかもしれませんが、休憩の少しの時間や、子供さんと一緒にお昼寝の時間を作ってみてください。

よだれつわり

唾液の分泌が多くなり、飲み込むのが気持ち悪くなったりするのが、よだれつわりです。

このよだれつわりはあまり聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

家であれば唾を吐き出すということはできると思いますが、外出先であればなかなか難しいですよね。

飴やガムなどを食べれば、楽になることがありますので、試してみてください。

それでも改善されない場合は、ウェットティッシュやポケットティッシュに吐き出すようにしてみてください。
ジッパー付きのビニールに入れ、持ち歩くようにしてみましょう。

つわり時期まとめ

  • つわりは時期や症状等、個人差があります。
  • つわりは妊娠5~6週ごろから始まり、妊娠12~16週まで続く。
  • ピークは妊娠8~11週である。
  • つわりには5つの種類があり、一つの症状が続くとは限らない。
  • つわりの時は家族を頼ったり、手を抜き体を休めましょう。

つわりは胎盤が完成するまでの辛抱です。

必ず終わりくると思って、体をいたわってあげてくださいね。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする