子供乗せ自転車のレインカバー|タイプ別おすすめ人気ランキング7選

シェアする

子どもと一緒にお出かけする時に、子供乗せ自転車は便利ですよね。

今日は、雨の日などに活躍するチャイルドシート用レインカバーの人気ランキングです。

数あるレインカバーを3つのタイプ(通常タイプ、スペースタイプ、低価格タイプ)に分けて、それぞれのタイプ別におすすめのレインカバーをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

通常タイプ

通常タイプのレインカバーは、水が浸透しにくい、乗せ降ろしがスムーズ、などの基本的な性能が高くデザインもおしゃれなので、機能とデザインのどちらも妥協したくない方におすすめです。

このタイプのレインカバーを買っておけば、大きな失敗をすることはまずないと思います。

第1位 HUGGABEE (ハガビー)★★★★★星5つ

レインカバー前

【参考価格:約6,000円】

ハガビーは、これまでにも何度かご紹介したことがありますね。

  • 全体的に生地が厚いので、防水だけでなく冬場の防寒にも最適
  • 窓が大きく開くので、視覚的に圧迫感がない
  • 足元までしっかりカバー
  • 見た目のクオリティが高い

色々なレインカバーを比較した結果、私もこのハガビーを買って使っています^^

生地がしっかりしているため、防水(撥水)の機能だけでなく質感がとても良いです。長く使うためには、やはり見た目のクオリティも重要ですからね。

基本性能はきちんと押さえた上で、見た目重視の方にも満足してもらえるおしゃれなレインカバーだと思いますよ

みんなの口コミ

色は写真の通りで、厚地にできていて丈夫そうです。値段も良心的で、使いやすそうで気に入りました!取り付けやすく、使いやすそうでとても良い商品だと思います。

子供は93センチですが、ヘルメットも大丈夫でした。頭部に余裕があり、乗せ下ろしも問題ありません。満足しています。

レインカバー後ろ

【参考価格:約8000円】

ハガビーがレインカバーを後ろだけリニューアルしました!

今は、旧商品のハガビーと新商品のハガビーアルファのどちらも買うことができます。

ハガビーアルファの方が2000円ほど高いのですが、断然新商品の方がおすすめです!

私は旧商品を使っているのですが、旧商品の気になる点が解消されているからです。

  • 頭上が広く快適になった
  • レインカバーの上部に芯材が入った

頭上が旧タイプよりかなり広くなりました。

旧タイプは、自転車の後ろ座席の高さと同じ高さにしかできませんでしたが、これだと4歳くらいからヘルメットにレインカバー上部があたってしまってちょっと窮屈そうでした。

新商品は、レインカバーの上部に芯材が入っているので、座席よりさらに高くなって広々しています。
しかも、透明カバーの範囲が頭上まで広くなったので、外が見やすくなりました。

それから、上部に芯材が入っていると、レインカバー上部の生地がへたらないのもいいですね。

旧商品は芯材が入っていなくて、ゴムで後ろ座席にとめるのですが、これだと使っていくうちにゴムが伸びて、レインカバーが後部座席の後ろまで落ちてしまうんです。

こうなると、レインカバーがタイヤに当たってイライラ。

新商品はレインカバー上部がへたってタイヤの方までズレ落ちることはない仕様になっているので、耐久性も上がっています!

みんなの口コミ

レインカバーを買うのは今回で3回目(1回目、2回目は他社製品)です。ファスナーの開閉もすごくスムーズで片手で軽々出来るところがとても気に入りました。頭上も高くできて、広々してます。 

チャイルドシートが背もたれの高さを変えられないタイプだったのですが、そこからしっかりと10センチくらい高くなってくれて、子どもの頭にぶつかりません。
ファスナーの開閉もスムーズで使いやすいし、しっかりしてます。
買って良かったです。 

第2位 LAKIA (ラキア)★★★★☆星4つ

【参考価格:約7,500円】

レインカバー前

ラキアは、私のママ友にも使っている人が何人もいます。

カラーバリエーションが豊富なので、好みの色を探しやすいですし、それぞれが発色の良いかわいらしい色で素敵ですね。

自転車屋さんでも取り扱っていることが多いので、安定の定番商品という印象です。

みんなの口コミ

装着も簡単で使い勝手が良いです。屋根なし・屋外駐輪場に雨の中置きっぱなしにしていてもシートは濡れていませんでした。

子供の託児所への送り迎えで毎日使っていますが、雨よけと、防寒にもなり大変満足しています!!

レインカバー後ろ

【参考価格:約7000円】

レインカバーの素材は厚さ0.3mmでしっかりしています。

前カバーは使わないときは、クルクル巻いて上部に留められるようになっていますよ。

みんなの口コミ

かわいい
前回は同じような値段で、つけっぱなしできないタイプを使用していました。
雨が突然降ったり、持参するのを忘れたりすると、とても大変でした。
こちらはつけっぱなしができて、取付なども簡単でした。
他の保育園のママたちをよくみると、この商品を使用している方が結構いました。
なので、星柄で少し特別感があって(笑)かわいいと娘も喜んで自転車に乗ってくれます。

満足です
雨用というよりは、冬の防寒対策として購入しました。
カバー+毛布で寒い冬の朝の登園でも全然寒くないとのことです。
座るおしりの部分については、クッションやタオルをしくなど別途対策が必要ですが。。。
難点といえば、カバーを完全に閉めてしまうと自転車乗っている間の子供が話している声がほとんど聞こえない点ですが、こればかりはしょうがないですね。

【参考価格:約8,000円】

レイコムもカラーバリエーションが豊富で、全7色の鮮やかなカラーリングから選ぶことができます。

実は、以前はベーシックなカラーしかなかったのですが、リニューアルしてカラーリングを増やしました。

さらに、パーツの一部を「耐久撥水素材」に変更したので、より濡れにくくなっています。

また、ハガビーやラキアよりも足元がすっきりしているので、スタイリッシュな感じに仕上がっています。

みんなの口コミ

雨の日でなくても寒い日などは風除けにもなるので、子供は温かいと大変満足しています。

この商品は、2度目の購入です。前回は子供が幼稚園に通う時購入したので、4年は使ったと思います。使ってみての感想は、最終的に透明の部分が日射しのせいかバリバリに破れてしまい、汚れもなかなかとれませんでした。それでも暫く使ってましたが、見た目が汚いのであらためて買い直しました。高額なのでもう少し生地がしっかりしてたら長持ちするかなあと思います。かわいいのでリニューアルしたカバーをリピして良かったです。

スペース広々タイプ

スペース広々タイプとは、レインカバーの左右にワイヤーなどの支柱が入っていて、頭がレインカバーに直接当たらないようにスペースが確保されているタイプです。

子どもが窮屈な姿勢になりにくいので、人気がありますね。

第1位 Little kiddy’s (リトルキディーズ)★★★★★星5つ

レインカバー前

【参考価格:約8,500円】

リトルキディーズは、通販サイトでも売り切れが続出している人気商品です。

上部が透明で広々しているので、子どもが圧迫感を感じません。

狭いところが苦手な子やママと離れるのがイヤな子には、このタイプがおすすめですよ。

振り返ればママが良く見えるので子どもの不安感がなくなりますよ^^

みんなの口コミ

車に乗れない私は、いつでもどこでも自転車移動。こどもの保育園の送迎、買い物、遊び…。購入してから天気が気にならず、本当に感謝しています。

このカバーは高さがあり透明な素材で圧迫感が感じにくいのか大きくなってきた子供(1歳半)が嫌がりません。前使っていた物が高さが無く圧迫感があるみたいで嫌がり始めてましたがこれに変えて嫌がらなくなりました。作りもしっかりしてますのでお薦めです。

【参考価格:9000円】

レインカバー後ろは、さらに広々していて、身長115cm+ヘルメットまで対応しています。

115cmで空間に余裕がある設計なので、実際には、もう少し高い身長まで使えますよ。

子供が乗り降りする部分は、ファスナーで大きく開く設計になっているので、子どもが自分で簡単に乗り降りできます^^

みんなの口コミ

よく出来てる

作りがしっかりしていてとても良いです。各メーカーのチャイルドシートごとに丁寧な説明書が付属しており非常にわかりやすく簡単に取り付けできました。もう少しカラーバリエーションがあるともっと良いと思います。

子供が大きくなり、今までのカバーだと頭がつかえてました
買い換えたこちらは、ゆとりもあり、子供も喜んでいます

第2位 Halello Baby (ハレーロベビー)★★★★☆星4つ

レインカバー前

【参考価格:約6,000円】

ハレーロベビーは、レインカバー(上カバー)とシートカバー(下カバー)が別々になっていて、ファスナーで着脱することができます。

そのため、梅雨の時期などの雨が多いときには上カバーを着けっぱなしにしておき、晴れが続く時期は上カバーを取り外しておく、という使い方ができるんです。

一般的に、無色透明のカバーは使うにつれて色がくすんでしまうことがありますが、必要ないときは取り外しておくようにすると、長持ちさせられますよ。

また、例えばマンションの駐輪場が上下二段に駐輪するタイプだったりすると、上カバーが上の段に当たって駐輪できないことがあります。

そんな場合でも、上カバーを取り外せば問題なく駐輪できたりします。

このように、スペースタイプのレインカバーは使えない場合(場面)があるので、買うときには気を付けてくださいね。

その点は、上カバーが簡単に着脱できるハレーロベビーなら安心です。

ただ、1つ気になるのは、上カバーの収納ができるようになっているのですが、固くて小さく折りたたむのが難しいことです。

使う時以外は、家に持ち帰る人も多いようです。

みんなの口コミ

以前もっと安いカバーを使ってたんですが、子どもがとても嫌がったのでこれにしてみました。これだと頭の上にスペースがあるせいか、嫌がらなくなりました。

格好いい、形が崩れない、子供が嫌がらない

レインカバー後ろ

【参考価格:6000円】

レインカバー後ろも上部が取り外せるタイプです。

こちらも上部の透明部分が取れるタイプで、使わないときは外しておけます。

レインカバー後ろは前と違って、レインカバーに問題なく収納できる仕様になっていますよ。

レインカバーの前の部分にクルクル巻いて、マジックテープで留めておくことができます。

みんなの口コミ

有れば安心

使わない時は丸めておけるし足場が隠れていてくれるので夏場、蚊避けになると子供が言っています。 

便利なレインカバー

電動自転車の後ろにつけるレインカバーを探していて,クチコミが良さそうなので購入しました。取り付けも簡単だし,使い勝手も問題なく,満足しています。マジックテープのつけ外しも今のところ問題なしです。雨の日でも,子供は濡れません。

低価格タイプ

自転車に乗ることが少ない方など、必要最低限の機能があればよいというのであれば、こちらの低価格タイプがおすすめです。

第1位 Hello Angel (ハローエンジェル)★★★☆☆星3つ

【参考価格:約4,500円】

ハローエンジェルは、4ステップで簡単に取り付けられる手軽さが人気です。

約30秒で取り付けられるので、普段は装着せずに雨が降ってきたらその場で取り付けて使う、という使い方もできます。

みんなの口コミ

カバーを広げて、シートの上から被せるだけです。ずれないように、下のゴムで調節して子供の持ち手部分一箇所止めるだけでおしまいです。

寒い季節になり子供たちが寒そうだったので後ろ用と合わせて購入しました!前に乗る下の子がカバーを付ける前は寒くて涙目に(汗)カバーを付けてからは寝てしまう事もしばしば…
取り付けは簡単でしたが、なんだか安定感が悪いような(>_<)専用じゃないし仕方ないか、と。
でも厚手でしっかりしてて良いと思います(^^)

第2位 MARUTO (マルト)★★★☆☆星3つ

【参考価格:約4,000円】

マルトも、ハローエンジェルと同じく低価格タイプの商品です。

手軽に買えてよいのですが、使い方によっては浸水することもあるようです。

みんなの口コミ

数年前に使用したことがある このタイプ。破れたのを期にチャック式の物に変えていましたが荷物や子供を乗せる時ににチャックの開け閉めは不便だったので この商品に戻ってきました。もう少しマジックテープ部が広ければしっかり止まって尚嬉しいのですが今の我が家のスタイルにはこのカバーが合っています。 

自転車を屋根なしの自転車置き場に置いておくとシートに水が入ってしまいました。

この商品は現在取り扱いされていません

私が選んだレインカバーはこれ!

タイプ別に、人気のある7つのレインカバーをご紹介しました。

色々迷ったんですが、結局私が選んだのは、最初にご紹介したHUGGABEE (ハガビー)です!

前も後ろもHUGGABEEを使っています。

色も鮮やかでキレイだし、機能もしっかりしているので、とっても満足しています

実際に使ってみた、こちらのレビューも参考にしてくださいね^^

今回は、以前にも1度ご紹介したHUGGABEE(ハガビー)のレインカバーのレビューです。 今日(6月5日)、関東甲信地方で梅雨入りの発表がありましたね。 これからの梅雨...
スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする