使いやすいベビー・幼児用スプーン・フォークとは!?使って良かったおすすめ3選

シェアする

幼児スプーンフォーク (1)

これぜーんぶうちにあるベビー・幼児用のスプーン・フォークです。

一部もらい物もありますが、離乳食開始から2歳2ヶ月までに買い揃えたものです。

はっきり言って、こんなに必要ありません(^^;

普段は色々調べてから買い物するのですが、スプーン、フォークは安いのでついつい買ってしまいました…。

今回はこの中から本当に役に立ったベビー・幼児用のスプーン・フォークについて紹介します。

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)

離乳食開始~1歳くらい

この時期は一度に食べられる量が少ないので、小さめのものがいいです。

スプーンは深めだと底の方が食べられないので、浅めのものがおすすめです。

ォークも平らなもので、先は丸みがあるものが安全です。

幼児スプーンフォーク (2)

私はコンビ ベビーレーベル スプーン・フォークセットが役立ちました。

お出かけ用のケース付きだし、電子レンジと食洗機がOKなので、使い勝手が良かったですよ!

同じようなスプーン・フォークをプレゼントでもらったので、これはお出かけ用に重宝しましました^^

この時期の赤ちゃんは自分で食べずにほとんどママが食べさせます。

このスプーン・フォークは赤ちゃんがあまりこぼさないので食べさせやすかったですよ

1歳~1歳半くらい

この時期は自分で食べたがる子が増えます。でもまだうまく食べられないので、ママが食べさせてあげることも多い時期です。

1歳までのスプーン・フォークを使うこともあったのですが、メニューによって、スプーン・フォークを使い分けていました。

この時期によく使っていたのが、エジソンのフォーク&スプーンBaby です。

幼児スプーンフォーク (3)

このスプーンは深めなので、食べる量が増えてきた頃におすすめです。

特に、ごはんを食べる時、すくってもこぼしにくいので役立ちました。

フォークはギザギザがついていて、麺類が食べやすいようになっています。

確かに、うどんやパスタの時は重宝したのですが、曲がっていて少し深めなので麺類以外には使いにくかったです。

麺類以外の野菜を食べるときなどは、1歳までに使っていたフォークで食べていました。

1歳半~2歳過ぎ

この時期はだんだん上手に食べられるようになってきて、一度に食べる量も増える時期です。

うちの子も今までのスプーン・フォークだと小さくなってきたので、大きめのものに買い換えることにしました。

幼児スプーンフォーク (4)

エジソン じょうずに食べられるフォーク&スプーンです。

今までの先が丸まっているプラスチックフォークだと、トマトやお肉などを子どもが自分でうまく突きさせないので今回は金属タイプのものにしました。

これだと普通のフォークよりは丸みがありますが、うちの子はうまく食べ物を突きさせすことができていますよ。

突きさせるけど、先が尖ってないという絶妙なバランスが良い感じです

他にも一人で上手に食べられるように色んな工夫がしてあります!幼児スプーンフォーク (10)

フォークはうどんなどの麺類を食べる時にも役立ちました。

これを使うと、うちの子は麺を切らずに長いままでも食べられますよ^^

幼児スプーンフォーク (8)

幼児スプーンフォーク (9)

スプーンはごはんを食べたり、スープをすくったりするときに使います。ちょうど良い量が取れるので食べやすそうです

使いやすいスプーン・フォークのまとめ

『もち手が長いスプーン・フォーク』は温度で色が変わるというものなのですが、長すぎて子どもが自分で使えなかったので、使った時期はほんのわずかでした。

『木のスプーン・フォーク』も機能性では『エジソンのスプーン・フォーク』に劣るので、結局あまり使いませんでした。

ベビー・幼児用のスプーン・フォークを買うときは、子どもができるだけ使いやすいもの(持ちやすさ、すくいやすさ、食べる量など)を選ぶことをおすすめします。

今回一番使いやすくておすすめなのは最後に紹介した『エジソンじょうずに食べられるフォーク&スプーン』です^^

スポンサーリンク
りけままレクタングル(大)
りけままレクタングル(大)

シェアする

フォローする