【知らないと損しちゃう?】妊娠中に知っておきたい助成金について

妊娠助成金(1)

病院で妊娠が分かった時、エコーに写った小さな赤ちゃんを見てとても幸せな気持ちになりますよね。

これからどんどん大きくなってくれるといううれしい気持ちの反面、妊娠中にはかなりの費用がかかってしまいます。

出産の費用だけでも(病院にもよりますが)50万円を超えるところが多いようです。

今回は知らないと損してしまう妊娠中の助成金についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中の助成金

・妊婦検診受信票

妊娠が分かると、赤ちゃんが順調に成長できているかを調べるためにも定期的に検診に行かなくてはいけません。

「妊婦検診」は義務づけられていますので、必ず行ってくださいね。

妊娠が分かる時期やいつ出産するかにもよりますが、14回ほど受診することになります。

妊娠初期は4週に1回、出産が近づくにつれて2週間に1回になり、週1回になります。

妊婦検診では赤ちゃんが順調に育っているかエコーや心電図をします。

お母さんも健康状態や必ず受けないといけない検査などもあります。

検査は特に高額になることが多いですが、「妊婦検診受診票」を使うと検査や受診料が安くなったり無料になります。

「妊婦検診受診票」は母子手帳と同じ時にもらえます。

市町村によっても違ってきますので、貰う時や病院の方に聞いてみましょう。

・出産育児一時金

出産育児一時金は出産の時に支給をしてもらえる助成金です。

出産育児一時金は国から42万円支給されます。

病院によっては42万円以内でできることもありますが、ほとんどの病院では42万を超えることが多いでしょう。

双子の場合は42万円×2人(人数)になります。

私も10万円以上、上回りました。

個室にするとプラスで費用も掛かってきますのであらかじめ確認しておきましょう。

出産育児一時金は後から申請する場合と、42万円をひいた金額を払う場合と病院によって支払い方が変わってきます。

こちらもしっかりと調べておきましょうね。

妊娠助成金(2)

スポンサーリンク

仕事をしている方がもらえる助成金

上で説明した助成金は誰でも貰える助成金ですが、ここからは仕事をしているお母さんが貰える助成金についてご紹介していきます。

・出産手当金

お母さんが会社員で自身で健康保険に加入している場合は、「出産手当金」をもらうことができます。

出産前42日(多胎妊娠の場合は98日)と出産後の56日の98日(多胎妊娠の場合は154日)の「産前産後休業期間」に貰える助成金です。健康保険から給与の2/3くらいの金額が支給されます。

ただし健康保険に1年以上加入していることが条件になります。

・傷病手当金

お母さん自身が健康保険に加入している場合に4日以上続けて休んだ場合に支給される助成金です。

条件としてはつわりや切迫早産などにより会社にいけず、医師の診断書があればもらうことができます。

【支給開始前12ヵ月間の各標準報酬月額の平均金額÷30日】の2/3の金額を、休んだ4日目からもらうことができます。

お母さん自身が加入している健康保険から支給されますが、会社が傷病手当金と付加給付をしてくれるところもあります。

つわりは個人差がありますが、なかなか会社にいくのもしんどかったり、もどしてしまったらどうしようと心配になりますよね。

医師の診断書や会社の方にも提出するものなので、妊娠が分かった時にあらかじめ聞いておくようにしましょう。

妊娠助成金(3)

スポンサーリンク

妊娠中にかかる費用

病院の費用以外にも妊娠中にはお金がかかりますよね。

他にはどんなものがあるかもご紹介していきますね。

・マタニティ用品

妊娠するとどんどんお腹が大きくなりますね。

今まで着ていた服がはいらなくなりますし、お腹を圧迫しないようにマタニティ用品を使うようにしましょう。

大き目の服でも代用することもできますが、ズボンやスカートなどはマタニティ用にしましょう。

マタニティ用品もネットやマタニティショップで安く売っています。

普段使いのジーパンや検診用にスカート、家で履く用といくつかあると便利ですよ。

・ベビー用品

出産すると始めはなかなか外出が難しくなります。

1か月分くらいは外出しなくても大丈夫なようにおむつやミルクを準備しておきましょう。

他にも赤ちゃんの服や肌着、ベビーカーやチャイルドシート、ベビーバスなどそろえると結構な金額になります。

買い忘れがないようにしっかり調べておきましょう。

夏や冬に産まれた子は季節によってプラスでいるものも変わってきますので、防寒着等忘れないようにしましょうね。

・入院準備品

出産で入院する時のためにも、あらかじめ必要なものは買っておきましょう。

病院から準備するものは、事前に言われると思いますので、忘れ物がないようにしっかり準備をしておきましょう。

産褥ショーツは帝王切開になったときに必要になりますので、病院から準備するようにと言われることが多いと思います。

その他には出産中の水分補給用にペットボトルにストローのように飲める取り付けられるものがあります。

寝ている状態なので横にしてもこぼれず、ストローのようになっていると飲みやすいのであるとかなり便利です。

病院の売店でも売っているかもしれませんが、100円ショップでも売っていますので、買ってみてください。

スポンサーリンク

妊娠中の助成金のまとめ

妊娠中には出産費用だけでもかなりのお金がかかってしまいます。

助成金が出るととても楽になりますよね。

病院や市町村によっても変わってきますので、あらかじめ調べておきましょう。

  • 妊婦検診受信票
  • 出産育児一時金

仕事をしている方の助成金

  • 出産手当金
  • 傷病手当金

検診の費用や出産費用以外にも妊娠中には買わなければいけないものも多いです。

ベビーグッズやマタニティ用品、出産の入院の際に準備するものなどがあります。

産後はお母さんの体も疲れていますし、赤ちゃんも小さいので、ベビーグッズは買い忘れがないようにしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
妊娠初期
スポンサーリンク
りけままチョイス

コメント