手荒れ予防におすすめの【無添加ハンドソープ】おすすめ3選

今回は無添加のおすすめ泡ハンドソープです。

 

ママはオムツ替えなどで一日に何度も手を洗いますよね。

そのたびに、ハンドソープでゴシゴシ洗っていると、肌の弱い人ならみるみる手が荒れます。

 

私は長男が生まれてからずーっと手荒れに悩んできました。

オムツ替えの時以外にも、子どもたちが風邪をひいたときは特にひどいです。

「ママー、鼻水ふいてー!」と一日に何回も言われるので、そのたびにうつらないようにハンドソープで手を洗い、手はかなり荒れてしまいます。

それから、小さい子どもは刺激に弱いので、子どもにも優しい成分のものを使わせたいと思っていました。

 

そこで、手が荒れにくいハンドソープを徹底的に探すことにしました。

私は乾燥肌で敏感肌なので、肌にやさしくて、乾燥しにくいものを探しました!

 

今回は手荒れ予防できる無添加の泡ハンドソープおすすめ3選を紹介しますね^^

スポンサーリンク

ハンドソープを選ぶ3つのポイント|手荒れの原因は石鹸の成分かも

ハンドソープ (1)

手荒れの原因|汚れも皮脂も落とす界面活性剤

ハンドソープには、界面活性剤が入っています。

界面活性剤は、汚れを落とすための成分で、水で流すだけでは取れない油分を包み込んで落としてくれます。

 

でも、手の皮脂も落ちてしまうんです。

 

ママは一日に何度もハンドソープで手を洗いますよね?

そうすると、手に必要な皮脂まで過剰に落としてしまうので、手が荒れやすくなるんです。

界面活性剤の中には、合成界面活性剤もあって、タンパク質を変性させて汚れを落とすものもあります。こちらは、より手荒れがひどくなります。

 

ただ、界面活性剤自体は手の汚れを落とすのに必要な成分なんです。

 

そこで、手洗いによる乾燥しすぎを防いでくれる『保湿成分が入っているハンドソープ』がおすすめですよ。

手荒れ予防には抗菌石けんはおすすめできない!アメリカで抗菌石けんの販売禁止

2016年2月に抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌せっけんやボディーソープなどが、「効果に根拠ない」 としてアメリカで販売禁止になりました。

米食品医薬品局(FDA)は2日、抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌せっけんやボディーソープなどを販売禁止にすると発表した。通常のせっけんより殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の安全性も検証されていないとしている。

一部の米企業はこうした殺菌剤の使用をすでに中止した。

日本経済新聞電子版 2016/9/3 より

まとめると、『抗菌、除菌ソープを使っても、「無添加石けんと水」で洗うのと比べて、抗菌、除菌できるわけではない。むしろ健康には有害になるかもしれない。』ということです。

以前記事にしたので、より詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください。

アメリカで抗菌石けんの販売禁止!赤ちゃん、幼児のハンドソープ、ボディソープの選び方
今回は赤ちゃん、幼児のハンドソープ、ボディソープについてです。 最近、気になるニュースが発表されました! アメリカの食品医薬品局(FDA)が9月2日に抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌せっけんやボディーソープな...

 

最近、抗菌・除菌製品って世の中にたくさん出回っていますが、効果がなく健康に有害になるかもしれないものは使いたくないですよね。

家族みんなが毎日使うハンドソープは抗菌タイプのものではなく、「無添加石けん+水」タイプの方がおすすめですよ。

無添加の泡ハンドソープがおすすめ

ハンドソープには泡で出るタイプと液体で出るタイプがありますが、小さい子がいるならサッと手洗いできて、子ども自身も洗いやすい泡タイプがおすすめです。

 

ハンドソープって成分表示を見るとけっこういろんな成分が入っていますよね。

中でも、高級アルコール系合成界面活性剤・リン酸塩・エデト酸塩(金属イオン封鎖剤)・香料・着色料・保存料などは刺激の原因になると言われています。

 

手荒れのしやすいママや刺激に弱い小さい子がいるなら、無添加ハンドソープがおすすめですよ。

中でも、成分のほとんどが『カリ石けん素地・水・天然オイルやエキス』でできたものがいいですよ。

無添加の泡ハンドソープ|手荒れ予防できるおすすめ3選

バブルガード

【シャボン玉石けんのバブルガード】です。

成分:カリ石けん素地と水

 

完全無添加ハンドソープですが、「これだけだと肌が乾燥しないの?」って思いますよね。

バブルガードはその製法がすごいんです!

 

一般的な石けん(成分:カリ石けん素地と水だけ)は脂肪酸から中和法という方法で作られていて、約4~5時間でできあがります。これには保湿成分は含まれていません。

 

それに比べて、バブルガードは天然油脂から昔ながらの釜炊き製法で作られていて、なんとできあがるのに1週間もかかるそうです。

そのため、元々天然油脂に含まれる保湿成分が残ったハンドソープになるんです。

 

実は他のメーカーでも、カリ石けん素地と水だけのハンドソープはあります。

私はそれも使ったことがあるんですが、保湿成分が含まれていないものなので、手荒れしてしまいました。

 

無添加泡ハンドソープは数多くありますが、1週間もかかる天然油脂の釜炊き製法で作られているものは他にないですよ。

バブルガードを実際に使ってみると、保湿成分が入っているおかげで、洗い上がりがしっとりでしたよ^^


アラウ ハンドソープ

【アラウの泡ハンドソープ】です。

成分: 水、カリ石ケン素地、グリセリン、クエン酸、ラベンダー油、ライム油、シソ葉エキス、ローズマリーエキス、BG

 

アラウのハンドソープは中和法で作られていますが、天然保湿成分がたっぷり配合されています。

うるおい植物エキスとして、シソ葉エキス&ローズマリーエキスを配合し、香るうるおい天然ハーブとして、ラベンダー油&ライム油の天然精油を配合しています。

いい香りのするハンドソープですよ^^

合成界面活性剤・合成香料・着色料・保存料 無添加で、皮ふ刺激テスト済みなので敏感肌でも安心です。

ハンドソープの香りにもこだわる人におすすめです。


パックス ナチュロン

【パックスナチュロン ハンドソープ】です。

成分:水、カリ石ケン素地、グリセリン、トコフェロール(天然ビタミンE)、ヒノキチオール、エタノール、香料、クエン酸

 

ヒマワリ油を原料にした植物性ハンドソープで、保湿成分にはグリセリンが配合されています。

合成界面活性剤・合成酸化防止剤・防腐剤・着色料は使用せず、天然ビタミンE、ヒノキチオール(ヒノキエキス)を使用しているのが特徴です。

香料はヒノキ・ヒバより抽出したものを原料に作られています。

 

ヒノキのいい香りがするハンドソープですよ。

あと、こちらのハンドソープには殺菌効果のあるエタノール(アルコール)も含まれています。

 

爽やかな香りが好きな人におすすめですよ^^


敏感肌ママの手荒れ対策|私が使っているハンドソープは【バブルガード】

ハンドソープ (4)

私はバブルガードを使っています。

私は、かなりの乾燥肌・敏感肌で、子どもも小さいので一番無添加なものを選びました。

水とカリ石ケン素地以外入っていません。

ハンドソープ (5)

 

泡は、保湿成分が入っているからか一般的な泡ハンドソープより濃密です。

ハンドソープ (3)

モコモコしていていて、洗いやすいですよ^^

片手でポンプできるので使いやすいです。長男が自分で手を洗うときも洗いやすそうです。

ハンドソープ (2)

私の場合、手荒れするとハンドソープの成分でも手がかゆくなったりするのですが、バブルガードはまったくかゆくなりませんでした。

長男が生まれてから4年近く手の荒れに悩み続けて、他にもいろんなタイプのハンドソープを使いましたが、バブルガードにしてから手荒れがおさまりました^^

バブルガードは、手荒れに悩んでいるママなら一度試してみる価値はありますよ!


ただ、1つ気になる点としては、口コミで「香りが気になる」というコメントがいくつかあったことです。

バブルガードは完全無添加なので、『いわゆる石けん』という感じの香りがします。

ちなみに私はまったく気になりません^^

 

でも、もっといい香りのするハンドソープを使いたいという方は、『アラウ ハンドソープ(ハーブの香り)』か『パックスナチュロン ハンドソープ』がおすすめですよ。




スポンサーリンク
ケア
スポンサーリンク
りけままチョイス

コメント